投資信託

キャピタル世界株式ファンドはやめとけ?運用成績や今後の見通し・掲示板での評判を徹底調査

投資の世界は常に変化し、新しい情報が溢れています。

特にファンド投資においては選択肢は多岐にわたるため、どのファンドに投資すべきかを決定するのは容易ではありません。

キャピタル世界株式ファンドは、その評判と実績によって多くの投資家の注目を集めていますが、一方で「やめとけ」という声も多いようです。

キャピタル世界株式ファンドがやめとけと言われる理由
  1. 手数料が高いから
  2. インデックスファンドと運用成績が変わらないから
  3. ボラティリティが激しいから

キャピタル世界株式ファンドは、運用コストを抑えたい人や、資産運用の初心者にはおすすめしづらい傾向があります。

安定した成績の中で、運用コストが気にならないレベルの利回りを求める方はヘッジファンドなどの商品を利用しましょう。

投資のプロに資産を運用してもらえますので、投資初心者にもおすすめですよ。

当記事では、キャピタル世界株式ファンドのメリット・デメリットや向いている人の特徴、掲示板での評判を解説します。

目次

キャピタル世界株式ファンドはやめとけと言われる理由・デメリット

キャピタル世界株式ファンドは、その特性と運用方法から、一部の投資家から3つの理由で「やめとけ」という評価を受けています。

  • やめとけと言われる理由①手数料が高いから
  • やめとけと言われる理由②インデックスファンドと運用成績が変わらないから
  • やめとけと言われる理由③ボラティリティが激しいから

やめとけと言われる理由①手数料が高いから

キャピタル世界株式ファンドの一つ目のデメリットは、アクティブファンドゆえの手数料の高さです。

参考までにキャピタル世界株式ファンドと、他銘柄のコストを比較した以下の表をご覧ください。

インデックスファンド名 信託報酬(税込)
楽天インデックス(オルカン) 0.0561%
eMAXIS Slim(オルカン) 0.05763%
eMAXIS Slim(オルカン※日本を除く) 0.05772%
はじめてのNISA(オルカン) 0.05775%
SBIインデックス(オルカン) 0.1102%
キャピタル世界株式ファンド 1.701%

参照:お金の総合サイトZAIONLINE-【2023年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング!

他の低コストのインデックスファンドと比較すると、キャピタル世界株式ファンドの手数料1.701%は明らかに高い傾向にあります。

手数料の高さは、特に初心者や小規模投資家にとっては利益を圧迫し、投資利回りを下げる原因にもなるでしょう。

投資の世界では低コストで効率的な運用が重視されているため、手数料周りの評判は投資家にとって良くない傾向にあります。

以上のように、キャピタル世界株式ファンドは手数料が高いため、効率の良い取引を重視する方には向いていません。

やめとけと言われる理由②インデックスファンドと運用成績が変わらないから

キャピタル世界株式ファンドの二つ目のデメリットは、運用成績がインデックスファンドと大差ない点です。

多くの投資家が、高い手数料を支払っているにも関わらず、インデックスファンドと同等かそれ以下の成績に留まっていると評判が良くありません。

(※太字:キャピタル世界株式ファンド、赤:全世界株式、青、日経平均)

これは、投資利回りを考える上で大きな問題です。

インデックスファンドは、市場全体の動きに基づいて運用されるため、手数料が低く運用がシンプルなのが特徴。

これに対して、キャピタル世界株式ファンドはアクティブ運用を行っており、より高い手数料がかかります。

アクティブ運用の高いリスクに見合ったリターンが得られない場合、投資家は高い手数料を支払う意味を見出しにくくなります。

安定してハイリターンを得るために手数料はつきものですが、コスト以上のリターンを得るならヘッジファンドがおすすめです。

ヘッジファンドなら投資のプロに資産の運用を任せることができるため、投資初心者でも効果的な投資が可能です。

さらに、キャピタル世界株式ファンドなどの投資信託にはできない柔軟な戦略により、リスクを抑えつつも年利10%以上も狙えます。

ヘッジファンドについて詳しく知りたい方、優秀な会社について知りたい方は、「【2024年2月】ヘッジファンド日本ランキング一覧!利回りが高いおすすめ会社を解説」を参考にしてください。

やめとけと言われる理由③ボラティリティが激しいから

キャピタル世界株式ファンドの三つ目のデメリットは、ボラティリティ(価格変動の激しさ)の高さです。

このファンドの構成銘柄はハイテク銘柄が多いため、市場の変動に敏感に反応する傾向にあります。

特に短期間での価格変動が激しいため市場の不確実性は高く、短期的な利益を狙う投資家にとっては、予期せぬ損失を被る可能性が高まります。

安定した利回りを求める投資家にとって、価格変動の激しい投資はリスクが高すぎると判断されやすいです。

そのため、キャピタル世界株式ファンドは、安定した見通しを目指す投資家には推奨されません。

キャピタル世界株式ファンドのメリット

キャピタル世界株式ファンドのメリットキャピタル世界株式ファンドは、「やめとけ」という評判がある一方、世界的に支持されるだけの3つのメリットがあります。

  • メリット①運用元が世界最大級の「キャピタルグループ」
  • メリット②幅広い銘柄に投資できる
  • メリット③つみたてNISAを利用できる

メリット①運用元が世界最大級の「キャピタルグループ」

キャピタル世界株式ファンドの一つ目のメリットは、運用元である「キャピタルグループ」が世界最大級の資産運用会社であることです。

キャピタルグループは全体で約246兆円を運用しており、米国籍アクティブファンドの純資産ランキングで1位を誇ります。

その豊富な経験と専門知識を持つ運用チームにより、多様な市場環境で賢明な投資判断を下すことが可能です。

また、その規模の大きさから、世界各国の市場動向や経済情報にアクセスしやすいという利点を持っています。

このような背景から、信頼性と実績が高く評価されるキャピタルグループの運用するファンドは、長期的な見通しに立つ投資家にとって魅力的な選択です

メリット②幅広い銘柄に投資できる

キャピタル世界株式ファンドの二つ目のメリットは、アップルやマイクロソフトなど幅広いテクノロジー銘柄に分散投資できる点です。

このファンドを通じて、投資家はグローバルな視点で資産を分散し、投資リスクを軽減できます。

また、世界中のさまざまな国や業界に投資することで、特定の市場やセクターに依存するリスクの軽減が期待できます。

例えば、一部の国や業界が不振に陥っても、他の市場やセクターのパフォーマンスがこれを補えます。

さらに、キャピタル世界株式ファンドは新興市場や特定のニッチセクターにも投資を行うことがあり、高い成長が期待される投資も可能です。

このような幅広い投資範囲は、投資家に多様な投資機会を提供し、資産成長の可能性を一層高めます。

メリット③つみたてNISAを利用できる

キャピタル世界株式ファンドの三つ目のメリットは、つみたてNISA(少額投資非課税制度)を利用できるです。

つみたてNISAを利用した場合、キャピタル世界株式ファンドへの投資から得られる利益に対して税金がかかりません。

これによって、特に長期的な見通しで資産を運用する投資家は、税金の負担を減らしながら資産を増やすことが可能です。

つみたてNISAを利用することで実質的な利回りを上げられるため、取引コストを重視する投資家にとってキャピタル世界株式ファンドは魅力的な選択肢の一つとなります。

キャピタル世界株式ファンドがおすすめな人

キャピタル世界株式ファンドのメリットを踏まえて、このファンドがおすすめな人の特徴を3つご紹介します。

  • おすすめな人①分散投資したい人
  • おすすめな人②将来的に高利回りを狙いたい人
  • おすすめな人③ハイテク銘柄に投資したい人

おすすめな人①分散投資したい人

キャピタル世界株式ファンドは、分散投資を目指す人におすすめです。

このファンドは、世界中のさまざまな市場や業界に投資を行うため、一つの市場や銘柄に依存するリスクを軽減できます。

分散投資は、見通しの悪い市場に対処し、安定したリターンを目指す上で非常に重要です。

また、キャピタル世界株式ファンドは、新興市場や今後成長の見通しのある業界にも投資を行うため、多様な投資機会を提供します。

これにより、投資家は自分の投資ポートフォリオを広げ、市場の変動に強い資産を構築することが可能です。

おすすめな人②将来的に高い利回りを狙いたい人

キャピタル世界株式ファンドは、将来的に高利回りを目指す投資家におすすめ

これは、インデックスファンドが指標のインデックスを目指すだけであるのに対し、アクティブファンドは市場の変動を利用して利益を最大化することを目指しているためです。

世界中のさまざまな銘柄に投資を行うことで、高い成長ポテンシャルを持つ市場や業界から利益を得るチャンスがあります。

特に、新興市場や技術革新が進む業界への投資は、将来的に良い見通しが期待できます。

ただし、キャピタル世界株式ファンドの将来性を分析し、的確な判断をもって投資するのは初心者にはハードルが高いことも事実。

商品のポテンシャルや時勢を読み違えてしまうと、せっかく長期で投資したのに大した利益が得られない懸念があります。

「初心者だけど利益を高めたい」「資産の運用を信頼できるプロに任せたい」という方は、ヘッジファンドによる投資がよりおすすめです。

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドでは、資産を預けるだけで投資のプロに運用してもらえるので、投資初心者でも効果的な投資が可能です。

さらに、キャピタル世界株式ファンドなどの投資信託にはできない、下落相場でもショート手法によって利益を狙うことができるため、利益を狙うチャンスが多いことも大きな特徴。

キャピタル世界株式ファンドと同様に手数料はかかりますが、手数料以上の利益が出せる・初心者でも運用できる点から、優れた投資手法の1つと言えます。

プロの手腕と柔軟な投資戦略により、リスクをケアしつつ年利回り10%以上も狙えるので、ぜひヘッジファンドの利用もご検討ください。

日本のおすすめヘッジファンドランキング
【2024年2月】ヘッジファンド日本ランキング一覧!利回りが高いおすすめ会社を解説高額資産の運用を業界知識に精通した投資のプロに任せられるヘッジファンド。 株式の配当や、投資信託などの一般的な金融商品よりも高い利...

おすすめな人③ハイテク銘柄に投資したい人

キャピタル世界株式ファンドは、今後ハイテク銘柄に投資したい人にも適しています。

なぜなら、キャピタル世界株式ファンドは世界中のテクノロジー関連の企業に投資を行っており、特に米国のハイテク企業への露出が高いからです。

また、ハイテク業界は、革新的な技術やサービスによって急速に成長しており、今後高い利回りが期待できる分野でもあります。

キャピタル世界株式ファンドへの投資は、ハイテク銘柄などの成長産業に対する投資でもあり、自身のポートフォリオの多様化にもつながるため、全体の投資リスクを分散する効果も期待できます。

テクノロジー分野は、他の業界と異なる動きを見せることが多く、市場全体の変動から一定の独立性を持つのが特徴の一つです。

キャピタル世界株式ファンドはおすすめしない人

キャピタル世界株式ファンドのメリットを踏まえて、このファンドがおすすめな人の特徴を3つご紹介します。

  • やめとけと言われる人①全世界株式(オルカン)に投資している人
  • やめとけと言われる人②コストを抑えたい人
  • やめとけと言われる人③運用を始めたばかりの人

やめとけと言われる人①すでに全世界株式(オルカン)に投資している人

キャピタル世界株式ファンドは、すでに全世界株式(オルカン)に投資している人にはおすすめしません。

なぜならキャピタル世界株式ファンドとオルカンは投資対象が重複しているため、同じような資産配分を持つことになり、ポートフォリオの多様性が損なわれるからです。

分散投資の観点からも、すでにオルカンに投資している場合は、他の資産クラスや異なる投資戦略を持つファンドを選ぶ方が賢明です。

また、オルカンに投資している人は、実質的にすでに世界の株式市場に広く資金を投じています。

そのため、キャピタル世界株式ファンドを追加することで、特定の市場やセクターへの過度な露出リスクを高める可能性を生みます。

投資のリスク管理の観点からも、今後は異なる特性を持つ投資先を探すことが望ましいでしょう。

やめとけと言われる人②運用コストを抑えたい人

運用コストを最小限に抑えたい人には、キャピタル世界株式ファンドはおすすめしません

このファンドはアクティブファンドであり、その性質上、運用コストが高い傾向にあります。

特に、インデックスファンドやパッシブファンドと比較して手数料が高く設定されているため、コスト意識が高い投資家にとっては大きなデメリットです。

長期的な投資成果を考えると、運用コストは利回りに大きな影響を与えます。また、低コストのインデックスファンドやETF(上場投資信託)は、長期的に見ても高コストのアクティブファンドよりも優れた成績を示すことが多いです。

このため、特に初心者や小額投資を行う投資家には、運用コストが低い投資が推奨されます。

やめとけと言われる人③資産運用を始めたばかりの人

資産運用を始めたばかりの人には、キャピタル世界株式ファンドはおすすめしません。初心者にとって、アクティブファンドの複雑さやリスクは理解しにくいことが多く、投資の基本を学ぶには不向きです。

まずは投資の基本を理解し、リスク評価の方法を学ぶことが重要です。

また、キャピタル世界株式ファンドは、市場の変動に敏感であり、短期的な価格変動にさらされることがあります。

資産運用の経験が浅い人にとって、このような変動は心理的なストレスとなるので、初心者はより安定した投資先を選ぶことが望ましいでしょう。

なお、資産運用そのものをプロに依頼するという手段もあります。

ヘッジファンドなどの投資手法では、資産を預けておくだけでプロに投資を行ってもらうことができ、手数料を差し引いた利益を受け取ることができます。

ヘッジファンドの中でも、「BMキャピタル」は11年を超える運営歴による信頼性に加え、平均10%以上の利回りを出す優秀な会社。

BMキャピタルには優秀なファンドマネージャーが在籍しており、徹底的な分析と判断の元行われるバリュー株投資によって低リスク・高利回りを実現してるのです。

また、投資戦略に関する資料は丁寧にまとめられており、投資初心者でも分かりやすい内容になっています。

おすすめヘッジファンド|BMキャピタルの特徴
  • 運営12年目と国内ファンドでは老舗
  • プロにお任せで手間いらず
  • 期待利回り10~20%
  • 下落相場でも積極的に利益を狙える投資戦略
  • 投資初心者でも分かりやすく戦略を説明してくれる

筆写も実際に利用している非常におすすめのファンドなので、「投資初心者だけど高利回りの運用がしたい」という方は、BMキャピタル公式サイトからお問い合わせしてみてくださいね。

資料請求・面談は無料で行えますので、まずは気軽な気持ちで相談してみてはいかがでしょうか。

BM CAPITAL
公式サイトはこちら

BMキャピタルとは?ファンドの実態や利回り・口コミ評判などを網羅的に解説BMキャピタルは、主に日本株への投資を行う国内の私募ヘッジファンドで、今年運用11年目に突入した日本では老舗とも言える投資会社。 ...

キャピタル世界株式ファンドの掲示板での評判・口コミ【やめとけ?】

キャピタル世界株式ファンドに関する掲示板の評判・口コミでは、投資家の間でさまざまな意見が交わされています。

ここでは、その中から特に目立った評判・評価をいくつか引用し、総括してみましょう。

「私も証券会社の人に勧められて購入しただけですけど。まあ悪くはないみたいですね。」

「新高値更新です📈🎊😸🍻😹㊗️」

「ダウ最高値更新したのに📈😿 ショックです📉😿」

「どこまで下がるんだか…」

「三連敗📉😿 なんとか25000円台はキープです😹」

引用:Yahoo!ファイナンス

これらの評判・口コミを総括すると、キャピタル世界株式ファンドに対する評価は混在しています。

一部の投資家はファンドの成長に満足している一方で、市場の動向との乖離や価格下落に対する見通しの暗さに不安を感じている人もいます。

これらの評価は投資家が抱える生の声を反映していると言えるのではないでしょうか。

キャピタル世界株式ファンドの今後の見通しを徹底解説

2023年に入って金融正常化と金利の上昇が見られ、特に成長性の高いハイテク企業には大きな影響がありました。

金融正常化と金利上昇は、短期的には市場の不安定さを引き起こすかもしれませんが、長期的には経済の健全性を促進することにつながる可能性があります。

ただし、このファンドは大型株への分散投資を行っており、インデックスファンドと比較しても運用成績が劣後しているのが現状です。

これは、手数料の発生するアクティブファンドとして、投資家にとって大きな懸念材料となります。

投資家がキャピタル世界株式ファンドの今後の見通しを考える際には、全世界の株式市場の動向・ファンドの評判や評価にも目を向け、長期的な投資戦略を立てることが推奨されます。

「キャピタル世界株式ファンドやめとけ」のよくある質問

「キャピタル世界株式ファンド」に関する、よくある質問については以下の通りです。

①キャピタル世界株式ファンドの評価は?

キャピタル世界株式ファンドに対する投資家の評価はさまざまです。

一部の投資家は、

「私も証券会社の人に勧められて購入しただけですけど。まあ悪くはないみたいですね。誰かが言っていたように早く、26,000円台になると良いですね」

と述べ、今後のファンドの見通しに期待を寄せています。

しかし、すべての投資家の評判が肯定的ではなく、

「ダウ最高値更新したのに📈😿 ショックです📉😿」

と失望する方もいます。

引用:Yahoo!ファイナンス

②キャピタル世界株式ファンドと全世界株式(オルカン)の違いは?

キャピタル世界株式ファンドと全世界株式(オルカン)の主な違いは、運用戦略とコスト構造にあります。

キャピタル世界株式ファンドはアクティブ運用を行うファンドであり、個々の銘柄の選定や市場のタイミングに基づいた投資判断がその特徴です。

これに対して、オルカンはインデックスファンドであり、特定の市場指数に連動するように設計されています。

また、キャピタル世界株式ファンドは、オルカンよりも運用手数料が高くなる傾向があります。

③キャピタル世界株式の利回りはどのくらいですか?

キャピタル世界株式ファンドの利回りは、市場環境やファンドの運用成績によって変動します。

パフォーマンス 6ヵ月 1年 3年 5年
リターン(年率) 10.88 31.28 13.36 18.08

過去の成績を見ると、キャピタル世界株式ファンドは一定の期間において市場平均を上回る利回りを示しています。

しかし、キャピタル世界株式ファンドはアクティブファンドであるため、一般的にインデックスファンドよりも高い運用コストがかかります。

キャピタル世界株式ファンドに投資する際は、運用コストと利回りのバランスを考慮して、自身の投資戦略に合わせて行ってください。

④キャピタル世界株式の基準価額はいくらですか?

キャピタル世界株式ファンドの基準価額は、市場の状況に応じて日々変動します。

最新の情報によると、2023年12月28日の基準価額は25,640円で、前日比143円上昇しています。

年月日 基準価額 前日比 分配金 純資産総額
2023年12月28日 25,640.00円 143円 5,225億円
2023年12月27日 25,497.00円 -2円 5,195億円
2023年12月26日 25,499.00円 -1円 5,196億円
2023年12月25日 25,500.00円 57円 5,191億円
2023年12月22日 25,443.00円 29円 5,178億円
2023年12月21日 25,414.00円 -364円 5,164億円
2023年12月20日 25,778.00円 369円 5,260億円
2023年12月19日 25,409.00円 195円 5,175億円
2023年12月18日 25,214.00円 73円 5,131億円

この基準価額は、ファンドが保有する資産の総価値をファンドの発行済み株式数で割ったものであり、ファンドの価値を示す重要な指標です。

参照:キャピタル世界株式ファンド|楽天証券

⑤為替ヘッジとは何ですか?

為替ヘッジとは、外貨建ての投資において為替変動リスクを軽減するための戦略で、特に外国株式や外国債券に投資する際に有効です。

為替ヘッジは、通貨先物契約やオプション契約などの金融派生商品を使用して行われることが多く、為替レートの変動に対する一定の保護が期待できます。

ただし、為替ヘッジにはコストがかかることがあり、必ずしもヘッジ戦略が常に有効であるとは限らない点にはご注意ください。

【まとめ】キャピタル世界株式ファンドは割高だからやめとけ

当記事では、キャピタル世界株式ファンドの「やめとけ」と言われる評判の背景について詳しく解説しました。

キャピタル世界株式ファンドは、アクティブ運用による高い手数料が主な懸念点です。

また、インデックスファンドと比較しても運用成績に大差がないため、わざわざ高い手数料を支払うメリットもありません。

さらに、価格のボラティリティが高く、市場の変動に敏感な投資戦略は、安定的な見通しを求める投資家にとってはリスク要因です。

これらの要因を総合すると、キャピタル世界株式ファンドは割高なため、投資を控えた方が良いと言えます。

キャピタル世界株式ファンドの運用パフォーマンスに満足していない方は、ヘッジファンドがおすすめです。

ヘッジファンドは、投資のプロに資産の運用を任せることで、リスクヘッジと高利回りを同時に狙える投資手法のこと。

ヘッジファンドについて詳しく知りたい方は、「【2024年2月】ヘッジファンド日本ランキング一覧!利回りが高いおすすめ会社を解説」を参考にしてください。

ABOUT ME
はる
某大学の経済学部を卒業後、新卒で某大手証券会社へ就職。運動部さながらの日々をなんとか耐え抜き、結婚を機に退職。かわいい双子の子育て(証券より大変なんですケド・・)をしながら主婦投資ブロガー/ライターとして幅広く活動しています。お金に無関心な旦那に、投資の心得を叩き込み中。FP2級/一種外務員資格保有。投資の勉強メモファンドレビューもやっていますよ~//両国投資研究会の初期メンバーとしても活躍中!▶プロフィール詳細はこちら
【FP監修】投資初心者が手元の1000万円を効率的に運用するには?

投資初心者は必見!1000万円運用法まとめ

この度投資初心者が、1000万円クラスのまとまったお金を運用する前に絶対に押さえておきたいポイントを外部の先生のお力も借り1記事にギュッとまとめました!

  • これからまとまった元本で投資を始めたい方
  • 手元の資産の運用法で迷っている初心者の方

投資額の大小に関わらず、役に立つこと間違いなしの記事ですので是非皆様の資産運用の勉強にご活用下さい!