おすすめ資産運用方法

1000万円を株式投資で資産運用するには?おすすめ投資方法を紹介

投資の王道!株式投資で1000万円を運用する

投資と言ったら株式投資。手元にある1000万円を株式投資で運用しようとお考えの方もいるでしょう。しかし、株式投資といっても手法は様々。ここでは、株式投資の中でも比較的投資初心者でも取り組みやすい投資手法について、主婦ブロガーはるが紹介していきます。
これから、株式投資で1000万円単位のまとまった資産を運用したいとお考えの方は必見です。

旦那氏
旦那氏
投資と言ったら、やっぱり株式投資!
主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
1000万円というまとまった資産を運用するなら、投資手法は吟味する必要がありそうね!
  • 1000万円を株式で運用するなら、長・中期的に少しずつ増やしていくべき。
  • 株式投資手法としては、バリュー株投資で安定運用するのがおすすめ。
  • まとまった資金となるなら、バリュー株ファンドへ預けることも考える。

株式投資の手法

ここでは、株式投資の手法を、投資期間、投資スタイル別に見ていきたいと思います。1000万円というまとまった資産の運用には、どのような投資手法が適しているか考えながら読み進めてみてくださいね。

1,投資期間

投資期間は、以下の3つに分類されます。短期投資は、デイトレード(1日で取引を完結)・スイングトレード(数日~1週間で取引を完結)といった、短期的な投資手法で、決算発表などの株価が一時的に大きく動くイベントなどを利用して利益を出すことができます。
また、長・中期投資の場合は投資先企業の成長の可能性を見極め、株式を購入。後は保有しつづけ、値上がりをじっくり待つというスタンスで投資を行います。

投資の種類
投資期間リスク
短期投資1日~数日、数ヶ月を目処に投資
中期投資1年~2,3年の中期スパンで投資
長期投資4~10年、20年の長期スパンで投資

1000万円を運用するなら

1000万円を運用するのであれば、長・中期投資な運用を行うのがおすすめです。一般的に株式に長期投資すると、短期投資をした場合と比べて値動きの振れ幅が小さくなり、安定した収益を得られると言われています。参考までに、以下日経平均株価の過去10年間のリターンを示した場合の表です。

 

日経平均株価の過去10年間
1年3年5年10年
-9.5%+7%+6.1%+7%

 
(引用:my INDEX 日経平均株価

いかがでしょうか?保有期間が長ければ長くなるほど、マイナスが出にくく、また資産価値の揺れ幅が小さくなっている事がわかるでしょう。1000万円というまとまった資産の価値が、大きく減ったり増えたりを繰り返すことは安定した運用が出来ているとは言えません。1000万円は長・中期的に少しずつじわじわと右肩上がりで増やしていくのがおすすめです。

2,投資スタイル

続いては、投資スタイルです。株式投資の主な投資スタイルには、グロース投資とバリュー投資の2種類があります。まず、グロース株投資に関しては、みなさんが描いている株式投資のイメージそのまま、これから上がりそうな株式を購入し、買値より安く売却するといったようなものです。また、反対にバリュー株投資については、株価と企業価値を比較し、何らかの原因で過小評価(株価が安い)されている株式に投資、株価が適正なものに戻った段階で売却し利益を確定させます。

  • グロース 企業の成長性に注目して選定した株式を投資対象とする。
  • バリュー 企業の利益や保有資産に対して割安な株価がついている株式を投資対象とする。

1000万円を運用するなら

1000万円を株式投資で運用するなら、バリュー株投資がおすすめです。バリュー株投資の場合は投資対象が割安で放置されている株式となり、そこからさらに値下がりすることは考えづらく、比較的買値よりも値下がりするリスクが低いと言われているからです。また、グロース株の場合、企業の今後の事業プランなどから将来の業績を予測しなければならない為、投資先分野に対する深い理解が求められます。

その点、バリュー株投資の場合は、過去の業績や保有資産などのデータと現在の株式を天秤にかけるだけと、株式の判断材料の豊富さとシンプルさから、投資初心者でもコツを掴めば、見込みのある投資先を上手に見つけることができますよ。

さて、ここまでをまとめると1000万円を株式投資で運用するなら、長中期でバリュー株投資を行うのがおすすめということになります。1000万円の運用にバリュー株がおすすめと言っても、まだピンとこない方も多いと思います。そこで、続いてバリュー株投資についてより詳しく説明していきます。

バリュー株投資とは

重ねてですが、バリュー株投資とは企業の業績や、保有資産に対して株価が明らかに割安で放置されている株式を発掘、割安状態で購入して、株価が本来の価値に戻るのを待つ投資方法です。市場には資産潤沢、業績も文句なし、しかし投資者の視線を集めることができず、株価が安値で放置されている銘柄がごろごろ転がっています。

つまり、高級ブランドのバックが10円で売っているようなものです。、高級ブランドのバックが10円で売っていたら・・・絶対に買いますよね、私なら買います。それは私達がブランドバッグの本来の価値(=価格)を知っているから、10円は買いと判断できるからですね。このようにバリュー株投資は、その企業の適正価値を知ることから始まります。

バリュー株の見分け方

高級ブランドのバックはもう価格が出回っているから適正価格がわかるのであって、企業の価値は数字で測れないのでは?そう思われる方もいるかも知れませんが、実は図ることが出来ます。投資先企業の価値を見抜く、ポイントとしては以下の3つ。

  1. PER  (株価収益率)15倍以下
  2. PBR (株価純資産倍率)1倍未満
  3. ROE(株主資本利益率)が10%以上

なんだ、なんだ?と思われた方もご心配なく。PER,PBR、ROEについては以下で詳しく説明しています。

PER  (株価収益率)12倍以下

PERとは、「今の株価が1株あたりの純利益」の何倍であるかを示した値です。1株あたりの純利益の20倍で購入するよりも、10倍で購入出来たほうが断然お得と言えますね。つまり、PERは低ければ低いほど割安となります。

株価収益率
(引用:日本経済新聞 日経平均株価

日本の平均株価である日経平均株価のPERは、現在約12.50倍。この数字を基準に、12倍より高ければ割高、低ければ割安と判断することが出来ますね。

PBR (株価純資産倍率)1倍未満

PBRとは、「今の株価が1株あたりの純純資産」の何倍であるかを示した値です。株価が1000円で1株あたりの純資産が1000円だった場合、株価=純資産でPBR1倍。よって、PBRは1倍以下であれば割安であると判断することが出来ます。下のグラフをみてもPBR1倍銘柄は緩やかに右肩上がりっで、探すのはそこまで困難を要する状態ではないと言えますね。


(引用:三井住友DSアセットマネジメント 日経平均株価がPBR1倍割れとなる状況とは?

ROE(株主資本利益率)が10%以上

ROEとは、資本(≒投資者が投資したお金)をどれくらい効率的に運用して利益を生み出したか、つまり資本に対する利益率を知ることが出来る指標です。もちろん、利益率は高ければ高いほど「少ない資金で多くの利益を生み出している」会社となりますので、ROEをできるだけ高い企業を選びたいところ。直近2018年度でのデータでは日本企業のROEは10%を割れています。よって、目安としてROE10%以上の企業はかなり利益率が良い企業と言えますね。

日本企業の自己資本利益率(ROE)が3年ぶりに低下する。企業の効率性を示す代表的な指標で、2018年度は9.8%と前年度より0.6ポイント低下し10%を下回りそうだ。17年度に初めて10%を超えたが、今年度は資本の増加に利益の伸びが追い付いていない。
(引用:日本経済新聞 ROE、3年ぶり低下 18年度は10%割れ

さて、ここまでバリュー株の見分け方の指標を3つ紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?上記の条件を満たす株式を、「スクリーニング」ツールで沢山の株式をふるいにかけて見つけ出します。少数に絞り込まれた株式の中から、時価総額や収益モデルや直近の業績、株価チャートなども合わせてチェックし、投資対象を決めていきます。

(おすすめスクリーニングツール)
トレーダーズウェブ 銘柄スクリーニング
証券口座を開かずとも、誰でも無料で利用できる株式銘柄のスクリーニングツール。株式投資を始める前に、自分にも銘柄探しが出来るか?練習や確認の為に、利用するにもぴったりなスクリーニングツールです。

株map 
簡易版の簡易スクリーニングでは8項目、完全版のmy株であれば約100項目でより精度の高いスクリーニングを行うことが出来ます。上記、PER・PBR・ROEだけであれば、簡易スクリーニングで十分絞り込むことが出来ます。

1000万円資金のポートフォリオを組んでみよう

さて、ここまでの内容を理解すれば1000万円というまとまった資産を元に、株式投資を行う方法自体は理解できたと思います。しかし、いくら割安株で値下がりしにくいと言っても、1000万円というまとまった資産をを1つの投資先へ集中投資するのはリスクが高すぎます。

投資の格言に、「卵はひとつのカゴに盛るな」というものがあります。複数のカゴに分けて盛れば、1つの卵が落ちてだめになっても、残りの卵は残ります。可能であれば複数の業界や市場に、分散して投資を行えると良いでしょう。

銘柄の分散

単純に考え、100銘柄へ分散投資をしていれば、1つの銘柄が無価値になっても資産の1%を失うだけですみます。と入っても、上記のスクリーニングから、各企業の財務状況やこれからの展望など銘柄選びは大変に根気のいる作業ですで、しっかり1銘柄1銘柄に向き合って投資を行うとなると、100銘柄も投資銘柄を選び出すのは現実的ではありません。

1000万円を株式投資だけで運用するのであれば、まず最低10銘柄を目安に分散投資をおこなってみましょう。銘柄選びの際には、同業種の銘柄や、相関性の高い銘柄(テレビ製造メーカーのその部品製造メーカーなど)は避けられると良いですね。

他の投資方法と組み合わせるのも

また、株式投資に強いこだわりがお持ちでない方は、他の投資方法と組み合わせるのもおすすめです。株式投資と併せ持ちたい金融商品としては、債券があります。債券とは国や企業や資金調達の為に発行するもので、投資者は購入し満期がくるのを待つだけで、元本+利子が戻ってきます。

発行元が倒産や経営難に陥らない限り、元本喪失のリスクが少ないと言われおり、比較的リスクの低い運用先とされています。債券などの手堅い運用方法と、ある程度のリスクをとりまとまったリターンを狙いに行く株式投資を組み合わせること、上手にリスクを逃し安定的な運用が行なえます。


(引用:価格コム 資産運用・投資 投資信託入門ガイド

バリュー株ファンドを購入するのも

ここまで、1000万円を株式投資で運用するをテーマにお話してきました。株式投資はコツをつかめば投資初心者でも始められるというのは本当ですが、初心者であればより株式投資への情熱、勉強や実際の取引にある程度まとまった時間を取れる人でないと難しいのも事実です。ちゃちゃっとスクリーニングにかけて条件にあった銘柄に投資すれば利益が出るというのであれば、株式投資に取り組む投資者みんなが大金持ちになっていないとおかしいですよね。

株式投資に興味はあるけれど、忙しくてそこまで株式投資に時間を割けないという方は、株式投資をプロにおまかせしてしまうことを考えるのも一つの投資の技です。具体的には、バリュー株に投資を行っているファンドへ投資を行うことです。

バリュー株ファンドとは

バリュー株ファンドとは、ファンドの購入によって複数の投資者から集めたお金を束ね一つの資金として、ファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが運用者に変わって、投資のプロの技で厳選された割安株式へ投資を行い、得られた利益が投資者へ還元されると言ったものです。実際の運用はファンドマネージャーにおまかせできるので、投資者がすることと言ったら、投資先ファンドを選び、あとは解約時期を見定めるだけ。

もちろん、運用を委託する分、手数料が発生しますので、手数料が引かれても利益が十分に残る運用が出来ているファンドを選択する必用はあります。このように、投資には自分で行うのではなく、投資が得意なプロに委託するという選択肢もありますので、ご自身の特性に応じて選択できると良いですね。

おすすめバリュー株ファンド:BMキャピタル

BM

損失を出さない運用を第一に考える国内ファンドBMキャピタルは、東大・京大卒業後外資系銀行で修行を積んだファンドマネージャー達による、的確な銘柄選びで過去にマイナスを出した回数ゼロ回かつ10%以上と安定した運用が魅力。バリュー株ファンドの中では、比較的おすすめできるファンドです。

運用にプロの力を借りるのもおすすめ

ここまで、株式投資での1000万円の運用、そして実際に運用するならどのような運用手法で運用すべきかについて説明してきました。先述したようにご自身で運用されるのであれば、企業価値に対して割安な株価で放置されているバリュー株へ投資を行い、じっくり落ち着いて値上がりを待つのが良いでしょう。
また、1000万円と金額が金額ですので、自身での投資に自身がない、また投資に時間を取れない方はプロに完全おまかせしてしまうのも良いでしょう。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
1000万円というまとまったお金は、プロの力を借りることも視野に入れて運用計画を立てられると良いでしょう。
ABOUT ME
はる
某大学の経済学部を卒業後、新卒で某大手証券会社へ就職。運動部さながらの日々をなんとか耐え抜き、結婚を機に退職。かわいい双子の子育て(証券より大変なんですケド・・)をしながら主婦投資ブロガー/ライターとして幅広く活動しています。お金に無関心な旦那に、投資の心得を叩き込み中。FP2級/二種外務員資格保有。
初心者のための利回り別!おすすめ資産運用ランキング2019完全版
おすすめ資産運用ランキング2019完全版
このまとまった資産・・さて、どう運用しよう。

元証券ウーマンならではの目線で、1000万円クラスのボリュームのあるお金の初心者向け運用方法を実体験を踏まえてランキング形式でまとめました。これから、まとまった資産の運用をお考えの方は必見のコンテンツです。

ランキングを見る