おすすめ資産運用方法

1000万円を国債で安全に資産運用するといくらに増える?

低リスクな国債で1000万円を運用するといくらに増えるか

1000万円というまとまった資産は、安全に、とにかく低リスクな方法で運用したい。そこで、定期預金の次に思い浮かぶのが「個人向け国債」ではないでしょうか?

購入し満期がくれば、元本に利子がついて戻ってくるというシンプルな仕組みから投資初心者の人気を集めている個人向け国債。

今回は主婦投資ブロガーのはるが、1000万円というまとまった資産を個人向け国債で運用するといくらに増えるか?について解説しておきます。これから、個人向け国債で1000万円の資産運用をお考えの方は必見です。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
国債は低リスクで、資産運用初心者にもおすすめの運用方法ですよ!
  • 国債は基本的には額面上では元本が減らない安全な運用方法
  • リターンは低いので他の投資方法と並行して1000万円を運用するのがおすすめ

国債とは

国債は、国が資金調達のために発行する債券のこと。債券を購入すると、投資者は国にお金を貸したことになり、満期が来れば元本に利息がついて戻ってきます。

国債にも種類が複数あり、その中でも個人投資家向けに1万円単位の少額からの購入が可能なものを「個人向け国債」と呼んでいます。そんな個人向け国債は、証券会社や銀行などの身近な金融機関で購入でき、満期や金利のタイプにより3種類に分類されます。

国債の商品タイプ

まず満期までの期間が一番長い「変動10年」は10年満期で、半年ごとに適応利率が変わります。

つまり、購入時より日本の金利が上場すれば受け取り利子が増える可能性があるということです。金利が下がったとしても、最低金利0.05%以下に下がることはありません。

また、固定5年、3年はそれぞれ5年、3年満期で、満期まで国債購入時の金利そのまま変わりません。よって、購入前に満期が来たら投資した資産がいくらに増えるかを事前に知ることが可能です。

国債の種類
満期金利最低金利利子の受け取り
変動10年10年変動する0.05%
固定5年5年購入時の金利で固定0.05%
固定3年3年購入時の金利で固定0.05%

今後日本の金利上がっていくとお考えの方は変動10年、今後日本の金利上昇に期待が持ていない方は固定5年、3年を投資資金の使用時期に合わせて上手に選択するのがおすすめです。

気になる国債Q&A

ここで、国債についてより深く知るために、Q&A形式で個人向け国債の気になる基本情報を見ていきます。

―国債の利子はいつ受け取れるの?
半年ごとに年2回受け取れます。利子は、購入口座または別途登録しておいた口座に入金されます。

―いくらから始められるの?
最低1万円から、1万円単位で始められます。1万円単位なので、1万円の次は2万円、2万円の次は3万円となりますね。

―途中で解約は出来るの?
国債の発行後1年経過すれば、いつでも中途換金が可能です。しかし、満期前に中途換金をすると直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685が差し引かれます。

財務省個人向け国債ページ内の「中途換金シミュレーション」では、中途換金をした場合の受け取り利子のシュミレーションも出来ますので、ご参考までにどうぞ。

―いつでも買えるの?
基本的には毎月、銀行や証券会社などの金融機関で購入が可能です。各月ごとに購入期間が決まっているので、買い逃しが無いように発行スケジュールをしっかり確認しておけると良いでしょう。

―国債の利子に税金はかかるの?
国債の利子にも、20.315%が受取時にかかります。受け取り利子から自動で引かれて入金されますので、基本的には別途確定申告をする必要はありません。

―金融機関が潰れてしまったら、元本や利子が戻ってこない可能性があるの?
個人向け国債の元本と利子の支払いは、発行元である国が責任を持ちます。発行元の国が破綻しない限り、元本や利子が戻ってこなくなることはありません。

さて、ここまで個人向け国債とは何か?についてQ&Aを交え説明してきました。

銀行など身近な金融機関で購入でき、元本損失のリスクが極めて少ない個人向け国債は1000万円をとにかく安全に増やしたい方にはぴったりの運用方法であると言えますね。

1000万円を投資するメリット・デメリット(リスク)

さて、続いてはここまでの内容を踏まえ、個人向け国債で1000万円を運用するメリット・デメリットをまとめていきます。低リスクな個人向け国債ですが、リスクゼロというわけではありません。

メリット

以下、個人向け国債で1000万円を運用するメリットを3つまとめました。1000万円というまとまった資産を安全に運用できる点は、1000万円を個人向け国債で運用するメリットを感じられそうですね。

1、元本喪失のリスクが少ない

1000万円というまとまった資産は、安全第一で運用したいですよね。

その点、個人向け国債は発行元である国が投資元本と利息の払い戻しに責任を持ちます。そのため、国が破綻しない限り運用で投資資金を失うリスクを伴わないことは国債で1000万円の運用を行う大きなメリットであると言えます。

2、投資に手間がかからない

個人で株式投資を始めようと思うと、チャートの見方や売買タイミングの掴み方のマスター、また実際に株式を買ったり、売ったりと手間と時間がかかります。

その点、国債を選んで、買って、満期が来るのを待つだけと1000万円を手間いらずで運用できる点も、個人向け国債のメリットの一つであると言えるでしょう。

3、定期預金よりも高金利で運用できる

ゼロ金利の日本の定期預金の金利は、メガバンクで0.002%程と雀の涙程度。1000万円を1年預けても貰える利息は200円ほど。

その点、個人向け国債は0.05%の最低金利が保証されているので、定期預金の25倍以上の高金利で運用が行なえます。個人向け国債には1000万円を安全かつ、定期預金より高利率で運用できるメリットがあります。

デメリット

さて、ここまでの内容を聞くと今から個人向け国債に1000万円を投資しに行ってしまいそうですが、ちょっとお待ち下さい。個人向け国債にはメリットもあればデメリット(リスク)もあります。

1、1年を経過しないと換金できない

銀行の定期預金は最短1週間~と短期運用が可能ですが、国債の場合3年、5年、10年と比較的長期での運用が基本なり、また途中解約も1年を経過しないとできなくなっています。

資金の使用時期までの短い細切れ時間での運用が出来ない点、また突然まとまったお金が必要になっても1年以上立たないと解約ができない点は、1000万円というまとまった資金が国債で運用するメリットであると言えますね。

2、他の投資方法と比べて低リターン

例えば日本の平均株価である日経平均株価の平均リターンが、4~5%ほどとされていることを考えると、いくら定期預金より高金利とはいっても、個人向け国債の0.05%という最低金利はかなりの低リターンと言えます。

また、変動金利10年で将来の金利の上昇に期待することも出来ますが、バブル期のように定期預金で定期預金で金利8%!という時代が再来しない限りは、国債にまとまったリターンを期待するのは難しそうです。

気になる利回り!いくらに増えるか

さて、ここまで1000万円を国債に預けるメリット・デメリットについて見てきました。続いては本題、国債に1000万円を預けたらいくらお金が増えるのかシュミレーションしてみます。

大きなリターンを期待できないと述べた国債ですが、いったいその資産運用効果は如何ほどなのでしょうか?ここでは財務省個人向け国債ページ内の「受取利子シミュレーション」で受け取り利子のシュミレーション結果をご紹介します。

固定3年

まずは、固定3年です。

1000万円の投資額に対し適応金利は0.05%、1年で5000円。3年満期ですので、5000円x3年で15000円。

固定3年の個人向け国債に1000万円を預けると、3年で15000円増える計算になりました。家族4人でちょっと高級なお食事に行けるくらいは、増やせそうですね。

固定3年

※ここでは、令和1年10月発行の第 112回債の金利を元にシュミレーションを行いました。

固定5年

続いては固定5年です。

1000万円の投資額に対し適応金利は0.05%、1年で5000円。5年満期ですので、5000円x5年で25000円。

固定3年の個人向け国債に1000万円を預けると、5年で25000円増える計算になりました。

いつもは手が届かない、年末に高級なおせち料理を注文できるくらいは増やせる計算になります。

固定5年
※ここでは、令和1年10月発行の第 102回債の金利を元にシュミレーションを行いました。

変動10年

最後は変動10年です。

変動10年は金利は半年ごとに変動しますので、満期の10年後にいくら受け取れるか予想することは現段階では不可能です。

しかし、直近3年の適応金利を見ても最低金利である0.05%の適応できているので、単純計算で1年で5000円。

10年満期ですので、5000円x10年で5万円。固定3年の個人向け国債に1000万円を預けると、現在の金利レベルでそのままいけば10年で5万円増える計算になりました。

夫婦の旅行代金くらいは、貯めることができそうですね。

変動10年
※ここでは、平成29年1月発行の第 81回債の金利を元にシュミレーションを行いました。

ここまで個人向け国債に1000万円を預けたらいくらお金が増えるのかシュミレーションしてきましたが、いかがでしょうか?

なかなか増えるなと思った人、またこれしか増えないの?と思った人それぞれだと思います。

続いては、個人向け国債での運用では得られるリターンが物足りないと感じられた方のために、個人向け国債以外の安全性の高い運用方法を紹介していきます。

他の安全性の高い運用方法

以下、1000万円を国債以外の運用方法で運用する際に、是非投資先として検討したい運用先を3つ紹介していきます。

1、社債(しゃさい)

社債は企業が発行する債券のことで、仕組みは国債と同じ。満期まで保有していれば、投資元本に利息がついて戻ってきます。

1000万円を社債に預けるメリットとしては、国債同様購入して満期を待つだけと投資に手間がかからない点、また国債よりも遥かに利率が良いことが上げられます。

例えば、ソフトバンクの社債は7年もので1.38%程と高利率。国債と異なり、最低購入額100万円以上となったりと少額から投資が行えないデメリットはありますが、1000万円の資産がある方にはデメリットにはなりませんね。

社債で一番注意したいのは発行元の「倒産のリスク」。発行元が破産した場合は、元本・利息共に戻ってこないリスクがある点は注意したいですね。

人気の社債一例
ソフトバンク 社債
その高金利から人気を集め、発売と同時に投資者が殺到するソフトバンクの社債。野村証券、みずほ証券などの証券会社で取り扱われています。
マネックス社債
観測日の気温に応じて年0.03%~0.96%の間で金利が決まる社債など、高金利かつユニークな債券として投資者の支持を集めています。

2、投資信託・REIT(リート)

1000万円の運用先として続けて見ておきたいのが、投資信託。

投資信託はファンドを購入するだけで、その後の運用は投資のプロにお任せできる点で投資初心者の人気を集めています。

1000万円を投資信託へ預けるメリットとしては、投資のプロが投資者の代わりに複数の投資先へ分散して投資してくれるため、失敗のリスクを抑えられること。

また、注目したいのがファンドの投資先がオフィスビルやマンションと言った不動産であり、3%を超える高利回りも期待できるREIT(不動産投資信託)。

1000万円を現物の不動産で運用するのはちょっと…という方も間接的に不動産へ投資でき、売買も手軽にできるため1000万円の投資先の一つとして検討してもよいでしょう。

3、ヘッジファンド

最後に紹介するのが、ヘッジファンド。1000万円以上の資産を投資のプロに運用してもらえる金融商品です。

ヘッジファンドは成功報酬制で投資者の資産を運用し、出たリターンから報酬として手数料が引かれます。

ファンドの運用者も利益を出せなければボランティア運用になってしまうので、本気で運用に取り組んでくれます。

減らしても駄目、そのままでも駄目、増やさないと運用会社は儲からない仕組みになっている点で、1000万円を最大限リスクをおさえながらも、積極的に運用できる投資先としてヘッジファンドも投資先候補に含めてみてはいかがでしょうか?

別の投資方法も考えるべき

さて、ここまで国債で1000万円を運用するといくらに増えるかについて見てきました。

正直な話、国債でまとまったリターンを得ようと考えるのは難しいです。1000万円の一部を国債で運用し、残りは多少のリスクをとり別の運用方法で運用するなど、上手に運用プランを組み立てていけると良いでしょう。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
国債は手軽に始められるので、興味のある方は他の運用方法を模索しながらも一度お試しで購入してみるのも良いですよ!
初心者のための利回り別!おすすめ資産運用ランキング2020完全版

2020年版ランキング
元証券ウーマンならではの目線で、1000万円クラスのボリュームのあるお金の初心者向け運用方法を実体験を踏まえてランキング形式でまとめました。これから、まとまった資産の運用をお考えの方は必見のコンテンツです。まとまった資産の運用も、方法を選べば失敗のリスクを抑えて上手に運用していけますよ。

ランキングを見る