おすすめ資産運用方法

FXは1000万円等のまとまった資金の運用に向いている?

初心者でもFXを使って1000万円を安全に運用できるか

日本は世界で見てもFX取引を行う人が多い国と言われています。初心者でも少額から手軽に始められることが評価され、FX投資を行う人が増えているんですね。

投資本の人気ランキングでも、FX関連の書籍がずらっと並んでいることから、その人気が伺えます。

では、1000万円などのまとまった額の資産運用においても、FXを活用することは可能なのでしょうか?

結論から言うと、FXを資産運用の一部に利用することは可能です。

しかし、ハイリスク・ハイリターンと言われるFXだからこそ、それなりの注意やリスクヘッジが必要なんです。

旦那氏
旦那氏
FXって運用金額が大きければ短期間でそれなりの利益を出すことも出来そうだね
主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
たしかにFXは手軽に運用できるけど、1000万円ものまとまった資金を安定的に運用して行くには少しハードルが高いわね
  • FXは利益も狙えるが損失額も大きくなる可能性大
  • 全ての運用資金をFXに継ぎ込むのではなく、一部で運用するのがおすすめ

この記事では、これからFXに挑戦してみたいというあなたに向けて、FX投資のメリットデメリットから、FXでの資産運用を考える際に注意したいこと、筆者おすすめの国内・海外FX業者をピックアップしてご紹介します。

また記事の最後には、運用は全てプロにお任せ!ストレスフリーで1000万円を運用する筆者おすすめのヘッジファンド投資もおまけでご紹介しちゃいます。

それではまず最初にFXの仕組みをおさらいして行きましょう。

FXとは

FX=Foreign eXchangeの略で、日本語では「外国為替証拠金取引」と言います。

皆さまも、海外旅行に行く時、銀行や両替所で日本円を現地で使う通貨に両替し、余ったお金があればまた日本円に戻す作業をしたことがありますよね。

この時、両替で受け取る金額はその通貨間の為替レート(交換レート)に基づいて計算されます。

為替レートは世界情勢や各国の経済状況など様々な要因で常に変動をするんですが、この為替レートの差を利用して利益を得ようというのがFX取引です。
FX取引の仕組み
(引用:マネックスFX

例えば、1000万円をアメリカドル(米ドル)に交換したとしましょう。交換時のレートが1ドル=100円であった場合、1000万円÷100円で10万米ドルに両替することになります(手数料は考慮していません)。

10万米ドルをしばらく保有した後、為替レートが1ドル=120円になったとします。このときに保有している10万米ドルを日本円に戻すと、10万米ドル×120円=1200万円となりますね。

現在手元にあるお金が1200万円、始めの投資資金は1000万円でしたから、200万円の利益が出たことになります。

この例では、いとも簡単に200万円の利益をあげたことになりますが、実際に為替レートを完璧に読み解くことはプロでも難しいと言われています。

為替レートは日々刻々と変化し、時には投資者の予想に反し、不利な方向に為替レートが動くことも珍しくないんです。

では、伝統的資産と言われる株や債券等ではなく、このFXが人気を集めている理由は一体何でしょうか。まずは、FX取引で運用するメリットを見てみましょう。

FXのメリット

FXで運用する際のメリットとして特筆すべきは以下の4つ。

  • 円安・円高どちらでも利益を出せる
  • レバレッジを使えば少ない資金で大きな取引が可能
  • スワップポイント(金利差)により保有するだけで利益を出せる
  • 24時間取引可能

まずは、FXが「売りから始められる」と言われるワケについてご説明しますね。

円安・円高どちらでも利益を出せる

※ここではわかりやすいように、日本円をベースとして解説していきます。実際には外国通貨×それ意外の外国通貨のペアでの取引も可能です。

FXでは、日本円で外国通貨を買い、その後外国通貨を売って日本円に戻して利益を得るのが基本的な取引方法ですが、逆に、最初に外国通貨を売り日本円を保有、その後その外貨を買い戻すということもできるんです。

旦那氏
旦那氏
え?持ってもいない外国通貨を売ることができるの?
主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
そう!FXが差金決済という仕組みを取っているから、外国通貨の「売り」から始めることができるのよ。

例えば、1ドル=110円のタイミングで10万米ドルを売ります。得られる日本円は、10万米ドル×110円で1100万円ですね。その後、しばらくして為替レートが1ドル=100円のタイミングで、10万米ドルを買い戻すとします。そのときに必要な日本円は10万米ドル×100円で1000万円です。

はじめに米ドルを売却して得た金額が1100万円、米ドルを買い戻すのに必要な金額が1000万円なので、差額の100万円が利益となります。

取引上は、米ドルをはじめに売っていることになりますが、FXにおいて実際にお金が必要になるのは、買い戻す作業(反対売買)をした時です。差金決済は、反対売買をした結果の差額だけをやり取りする方法なので、手元に米ドルがなくても取引が可能というわけですね。

ただし、手元にないお金を取引する際、もし規則がなければ投資家達は無限にお金を動かせることになってしまい、万が一思った方向に為替レートが動かなければ莫大な損失を被ることになります。

よって、作られた規則がレバレッジという仕組みです。

レバレッジを使えば少ない資金で大きな取引が可能

FX取引を行うにあたり、まず取引口座に一定の金額を入金しておきます。このお金を証拠金(しょうこきん)と言い、日本では証拠金×25倍までの取引を実際にすることが可能です。

楽天銀行レバレッジって?

(引用:楽天銀行 レバレッジって?

極端な例ですが、1000万円の運用に25倍のレバレッジを使用したとすると、2億5000万円の取引が可能というわけですね。

少ない資金で大きな利益得るチャンスが広がるレバレッジですが、逆に為替レートが思わぬ方向に動いた場合にはその損失額も大きくなるので十分に注意が必要です。

ロスカット制度がある

ロスカットとは、損失額が一定レベルに達したときに、さらなるマイナスの拡大を防ぐために強制的に決済(保有しているポジションを手放す)してしまう制度です。

レバレッジを使ったFX取引では損失額が大きくなることも十分想定できますが、このロスカットルールがあるおかげで、最低限の資金は守ることが出来る可能性が高くなります。

ロスカットルールがなければ、FX取引に投じた資金全てを溶かしてしまうどころが、預けた資金以上の損失が発生し、逆に支払いが必要となることもあります。

損失は確定してしまうものの、投資者保護のために設けられた制度であると言えますね。

通貨間の金利差により保有するだけで利益を出せる

FX取引では、通貨ペア間の金利差をスワップポイントといいますが、このスワップポイントによって、通貨によっては、保有しているだけで高い金利を得られることがあります。

日本円はご存知の通り、ゼロ金利・マイナス金利が適用されてることより、極めて低金利であると言えますが、中には高い金利が設定されている国の通貨も存在します。

わかりやすく日本円の金利が1%、米ドルが3%と仮定して説明します。日本円で米ドルを買い、しばらくの間米ドルを保有していた場合、米ドルの金利3%をそっくりそのまま得られるわけではなく、日本円と米ドルの金利差(3%ー1%=2%)を受け取ることができます。

この受け取れる2%の金利差がスワップポイントです。

レバレッジを使ったFX取引の場合、スワップポイントにもレバレッジが適用されるので倍率によってはさらに高いスワップポイントが得られます。

低金利の通貨から高金利の通貨への交換では、スワップポイントを得ることができますが、高金利の通貨から低金利の通貨では、反対にスワップポイント分の支払いが必要となる点には注意が必要です。

24時間取引可能

株式は取引時間が決まっていますが、FXの市場は実質24時間取引が可能です。

サラリーマン等、昼間の売買が難しい人であっても、帰宅後や空いた時間に取引することができる点が、人気を集めている理由の1つであると言えます。

さて、ここまでFX取引のメリットをご紹介しました。

いつでも取引可能なうえに、利益の獲得に繋がる仕組みの数々。資産運用の方法として申し分ないと思われた方もいらっしゃるでしょう。

しかし、FX取引において、これらのメリットは時にデメリットにもなり得るため注意が必要なんです。

次は、FX取引のデメリットと知っておきたいリスクについてお話しましょう。

FXのデメリット

FX取引をする方の中でも、1000万円などのまとまった額を運用しようと考えている方は絶対に熟知しておきたいFXのリスク。

長年コツコツ貯めた資金を一瞬にして溶かしてしまったなんてことがないように、しっかりチェックしておきましょう。

レバレッジで損失額が大きくなる可能性がある

もし自分が予想した方向に為替レートが動けば、レバレッジ倍率相当の利益を出すことができますが、反対に動いてしまった場合、損失もレバレッジの分膨らんでしまいます。

1000万円の運用資金を全てFXに注ぎ込んで、全額を失う可能性はもちろんのこと、レバレッジの副作用で手元の1000万円以上の損失を被ることもあり得ます。

大きな損失を避けるためには、ご自身がFX取引おいて確固たる自信がつくまで、低いレバレッジで運用することが大事です。

先を急いで利益を追求すれば、足を踏み外す可能性も高くなってしまいますよ。

24時間動き続ける相場を監視し続けるのは無理がある

FX取引はインターネット環境さえあればいつでもどこでも取引できるのが魅力的ですが、裏を返せば自分が見ていない間に相場が動いてしまう可能性があるということです。

全資産のうち、FXの運用資金をごく一部に留めておくのであれば、あまり気にする必要はないかもしれません。

しかし、1000万円等のまとまった資金をリスクにさらしたまま相場を離れるのは大変危険だと思いませんか。

これを避けるためには、長時間に渡る用事がある際や、就寝前はポジションを手放す(決済をしておく)ことが必要です。しかし、決済をすることで、本来得られるべき利益を得られずして退場することになりますから、チャンスを自ら潰してしまう行為であると言えます。

追加証拠金で負の連鎖に陥る可能性がある

為替レートが思うように動かず、あなたの入金した証拠金がある一定以下になってしまった場合、FX業者から証拠金を追加入金するよう要求されます。

これを追加証拠金(追証)と言い、期日までに追加入金をしないとFX業者によりあなたの保有ポジションが強制的に決済されてしまうんです。

強制決済により損失を確定させてしまうのを防ぐため、投資者は追加入金を余儀なくされてしまいます。

その後為替の動きが好転すれば話は別ですが、そうでない場合、損失→追加入金→損失とどんどんマイナスが大きなってしまう可能性も。

大きな取引をすればその分追証で必要な額も大きくなりますから、目の前の損失を防ぐために負債が膨らむという危険性もはらんでいます。

投資にリスクはつきもの。ハイリターンを獲得する人がいる一方で、FX取引で大負けしてしまう人がいることを忘れてはいけませんね。

では、あなたの1000万円を上手に増やして行くには、FXをどのように利用すればいいのでしょう。

FXで運用するなら資産の一部で少額から始めよう

資産運用で最も大事なのは、リスクとリターンのバランスを上手に取ることです。

1000万円を全てリスクの高いFXにつぎ込む、さらには同じ通貨ペアのみで取引してしまうのは、あまりにも無鉄砲と言えるでしょう。

FXの魅力を生かしながら安全に資産を増やして行くには、1000万円の一部のみをFXにあて、残りの資産はローリスク、ミドルリスクの金融商品に分散してポートフォリオを組むことが大事ですね。

そうすることで、FX取引で損失が出てしまった場合でも、その他の運用商品でマイナス分を補える可能性があります。

逆に、ハイリターンの狙えるFXでうまく運用できれば、ローリスク商品だけで全く資産が増えないといった事態も防ぐことが出来るでしょう。

さて、資産運用においてのFXとの向き合い方がわかったところで、最後に筆者おすすめのFX業者を紹介いたしましょう。

筆者もおすすめ人気の国内・海外FX業者

FX取引をするには、まずFX業者に口座を開設するのですが、国内・海外を含めるとFXを取り扱う業者はたくさんあるので、正直どこで始めたらいいか迷ってしまいます。

業者ごとにそのサービスの特徴も違うので、自分の投資スタイルに合った業者を選べるといいですね。

ここでは、国内・海外のFX業者から筆者のおすすめをそれぞれ一社ずつピックアップして簡潔にご紹介しようと思います。

外為どっとコム

数ある国内FX会社の中でも、圧倒的に初心者におすすめなのが外為どっとコムです。

  • 取引手数料無料/通貨ペアは30ペア
  • 全通貨ペア1000通貨単位から取引可能
  • スプレッド(米ドル円)業界最狭水準の0.2銭
  • 平日24時間のサポート体制

外為どっとコムは、取引できる通貨ペアが30ペアと豊富で、さらに全通貨ペアで1000通貨単位から取引可能なため少額から始めたいFX初心者さんに人気です。

他にも、高金利のメキシコペソやトルコリラの取引ができたり、相場自動予想サービスや初心者向け動画コンテンツなどとにかくサポートが手厚い初心者向けFX業者です。

新規口座開設で最大103,000円のキャッシュバックが受け取れる太っ腹なキャンペーンも他社にはない魅力です。

外為どっとコム
(引用:外為どっとコム

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

国内FX業者があるのに、わざわざ海外FX?と思われる方もいらっしゃいますよね。海外FXは高いレバレッジや追証のリスクがないなど、国内FXとは違った魅力があるんです。

そんな海外FXの中で筆者がおすすめなのは日本人が設立したGEMFOREXです。

  • 取引手数料無料/通貨ペアは39ペア
  • 取引通貨単位は1,000通貨で少額からトレード可能
  • レバレッジは最大1,000倍
  • メールと電話での日本語サービス

GEMFOREXは、最大1000倍のレバレッジと、口座開設ボーナスや※入金額100%ボーナスなどの豪華なキャンペーンが人気のニュージーランドの海外FX業者です。

※入金額100%ボーナスは、入金した額となんと同額のクレジットがもらえるというお得なキャンペーンです(限度額100万円まで)。

例えば、100万円を入金した場合、同額100万円分のクレジットを受け取ることができ、実質200万円の証拠金で取引が可能になるんです。

ボーナスなどのキャンペーンがない海外FX業者も多い中、GEMFOREXのサービスは格段の差ですね。

海外FXキャンペーン
(引用:げむめし

その他にも、完全信託保全や追証なし、ニュージーランドの金融ライセンスを取得しているなど信頼性抜群の海外FX業者です。

いずれFX取引で自信がつけば、高いレバレッジにもチャレンジしてみたいとお考えの方は、海外FXで口座開設を検討するのもいいでしょう。

>>GEMFOREX公式サイト

さて、ここまでFX投資が1000万円の資産運用に向いているのかということについて、FXの特徴をベースにお話ししました。

その他の金融商品、例えば投資信託の期待利回りが3~4%、株式投資の場合は4~5%である中、FXの期待利回りは無限です。

大きな利益を稼げる可能性がある反面、逆に大きく損失を出してしまう可能性もあるんです。

そんな性質を持つFXに1000万円全額を投じてしまうのは、どれだけ危険なことか言うまでもありませんね。

FXで資産運用をするなら「資産の一部で少額から」を必ず念頭に置いておきましょう。

まとまった資金の運用ならヘッジファンドもおすすめ

さて、先にお話ししたように、資産運用の成功の秘訣はリスクとリターンのバランス均等になるよう、複数の金融商品に分散投資をすることです。

しかし、1000万円などのまとまった額を様々な運用商品に振り分けてご自身で管理をするのは、よほど時間と知識が無い限りは難しいと言えます。

初めは、運用や投資が新鮮で面白いと感じるかもしれません。ビギナーズラックという言葉があるように、理由はわかりませんが、なぜかはじめた頃に利益が出る人が多いんです。

しかし、一度損失が出始めると、どう処理をしたらいいのか分からず、そのまま放置していつの間にか塩漬けに・・・なんていうケースも見受けられます。

1000万円もの大きな資産を自分で上手に運用していく自信がない、ストレスや時間を掛けたくないという方は、資産運用のプロに運用を任せる方法も検討してみると良いでしょう。

投資のプロ、ヘッジファンドへ運用を任せる

ヘッジファンドとは、一定のまとまった資産を預けることで、金融のプロがあなたに代わり資産を運用してくれるといものです。

なぜこのヘッジファンドが投資初心者におすすめかと言うと、この金融のプロがあなたに代わって、リスクヘッジを考慮した様々な金融商品に分散投資してくれるんです。

プロが分散投資してくれるという点では一般によく知られている投資信託と似ていますが、投資理念や投資手法、手数料体系など色々と異なる点があります。

まず特記すべきはそのリターン率。投資信託の理想利回りは3~4%と言ったところですが、ヘッジファンドでは10%ほどの利益を狙うことが出来ます。

この高リターンを実現しているのは、投資信託にはない「絶対収益という運用理念」「自由な投資手法」そして「成功報酬制という手数料体系」です。

特に、自由な投資手法を取れるという事は、高利回り実現の可能性が増えるだけでなく、万が一下落相場になった時にも、様々な方法でリスク回避をすることができるという利点があります。

この下落に強いということは、1000万円等のまとまった資金を運用するにあたって大変重要なんです。

ヘッジファンドと株のリターン比較

(引用:モーニングスター

欧米ではまとまった資金の運用先として歴史のあるヘッジファンドですが、日本ではその魅力に気づいた人から少しずつ広まり、最近では資産の運用方法の一つして徐々に知られるようになりました。

ヘッジファンドへの最低投資金は一般的に1000万円からとなっています。1000万円の資産を準備できる方のみが利用できる限られた運用方法なんですね。

ヘッジファンドならBM CAPITAL(ビーエム・キャピタル)

BM CAPITALトップページ

BM CAPITALは、平均利回り10%以上、東大・京大出身で外資系投資銀行で経験を積んだエリート集団で構成された優秀な国内ヘッジファンドです。

投資対象は日本株で、中でも市場で価値評価が適正に行われないケースの多い中小型株をメインに投資。

投資先企業との対話を通じて、ともに企業価値を高め、適正と思われる株価になった時点で売却をし利益を出す手法を得意としています。

BM CAPITALの最大の特徴はその下落への強さ。高い利回りを実現しているだけでなく、どんな悪相場の年でもマイナスを出さなかった安定感は圧巻ですね。

まとまった資産をプロの力で効率よくまわしていきたいとお考えの方は、一度投資先の候補に入れてみても良いでしょう。

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

FXは1000万円などのまとまった資金を運用するのには振れ幅も大きく危険と言えます。

せっかくリターンが狙えるFXですが、運用するならポートフォリオの一部で、なおかつ低レバレッジから挑戦することをおすすめします。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
1000万円の運用資金はFXで行うよりも、ヘッジファンドでプロにおまかせした方が安心感があるのではないでしょうか。

ご自身で運用するのは難しそうというあなたは、是非こちらの記事ご覧になって下さいね。

ABOUT ME
はる
某大学の経済学部を卒業後、新卒で某大手証券会社へ就職。運動部さながらの日々をなんとか耐え抜き、結婚を機に退職。かわいい双子の子育て(証券より大変なんですケド・・)をしながら主婦投資ブロガー/ライターとして幅広く活動しています。お金に無関心な旦那に、投資の心得を叩き込み中。FP2級/一種外務員資格保有。
初心者のための利回り別!おすすめ資産運用ランキング2020完全版

2020年版ランキング
元証券ウーマンならではの目線で、1000万円クラスのボリュームのあるお金の初心者向け運用方法を実体験を踏まえてランキング形式でまとめました。これから、まとまった資産の運用をお考えの方は必見のコンテンツです。まとまった資産の運用も、方法を選べば失敗のリスクを抑えて上手に運用していけますよ。

ランキングを見る