おすすめ資産運用方法

FXは1000万円等のまとまった資金の運用に向いている?

初心者でもFXを使って1000万円を安全に運用できるか

日本は世界で見てもFX取引を行う人が多い国と言われています。初心者でも手軽に始められる点等が評価され、資産運用をFXで行う人が増えているのですね。

投資本の人気ランキングも、FX関連の書籍がずらっと並んでいることから、FXの人気が伺えます。

では、1000万円などのまとまった資産の運においても、FXを活用することは可能でしょうか?

投資経験や、リスク許容度などにもよりますが、運用資金1000万円全額をFXにするのは危険であると言えるでしょう。

旦那氏
旦那氏
運用金額が高ければその分利益も簡単に出せそうなのになあ
主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
たしかにFXは手軽に運用できるけど、1000万円のまとまった資金の運用には少々ハードルが高いと言えるの。
  • FXは利益も狙えるが損失額も大きくなる可能性大
  • まとまった資金は、安全性を重視した運用をしよう

1000万円という資金の運用にFXが向かない理由を説明する前に、まずはFXとはどういった仕組みなのかご説明致します。

FXとは

FX=Foreign eXchangeの略で、日本語にすると外国為替証拠金取引のことを指します。

海外旅行に行く時、銀行や両替所で日本円を現地で使う通貨に両替し、もし余ったお金があればまた日本円に戻す作業をする方が多いのではないのでしょうか。

この日本円→海外の通貨→日本円等の通過間のやり取りを、より有利なレートで行い、最終的にお金が増えるような結果を目指すのがFX取引です。

例えば、1000万円をアメリカドル(米ドル)にしたとしましょう。この際のレートが1ドル=100円であった場合、1000万円×100円で10万米ドルに両替することになります(手数料は考慮していません)

10万米ドルをしばらく保有した後、為替レートが1ドル=120円になったとします。このときに保有している10万米ドルを日本円に戻すと、10万米ドル×120円=1200万円となります。
現在手元にあるお金が1200万円、始めの投資資金は1000万円でしたから、200万円の利益が出たことになります。
FXでは、このような為替レートの動きを使って、利益を目指す取引です。

上記の例では、いとも簡単に200万円の利益をあげたことになりますが、実際に為替レートを完璧に読み解くことはプロでも難しいです。世界情勢等、様々な要因によって為替レートは刻一刻と変化しますから、不利な方向に為替レートが動くことも珍しくありません。

伝統的資産と言われる株や債券等ではなく、FXが人気を集めている理由は一体何でしょうか。次の章でFXで運用する際のメリットをご紹介致します。

FXのメリット

FXで運用する際のメリットとして、以下の4つが挙げられます。

  • 円安・円高どちらでも利益を出せる
  • レバレッジを使えば少ない資金で大きな取引が可能
  • スワップポイント(金利差)により保有するだけで利益を出せる
  • 24時間取引可能

まずは、FXが「売りから始められる」と言われるワケについてご説明致します。

円安・円高どちらでも利益を出せる

※ここではわかりやすいように、日本円をベースとして解説していきます。実際には外国通貨×それ意外の外国通貨のペアでの取引も可能です。

FXでは、日本円で外国通貨を買い、その後外国通貨を売って日本円に戻して利益を得るのが基本的な取引方法ですが、まず初めに外国通貨を売り日本円を保有、その後その通貨を買い戻すということも可能です。

旦那氏
旦那氏
え?持ってもいない外国通貨を売ることができるの?
主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
そう!FXが差金決済という仕組みを取っているから、外国通貨の売りから始めることができるのよ~。

例えば、1ドル=110円のタイミングで10万米ドルを売ります。得られる日本円は、110円×10万米ドルで1100万円ですね。
その後しばらくして為替レートが1ドル=100円のタイミングで、10万米ドルを買い戻すとします。そのときに必要な日本円は100円×10万米ドルで1000万円です。

はじめの売却金額が1100万円、買い戻すのに必要な金額が1000万円なので、差額の100万円が利益となります。

取引上は、米ドルをはじめに売っていることになりますが、FXにおいて実際にお金が必要になるのは、買い戻す作業(反対売買)をした時です。
差金決済は、反対売買をした結果の差額だけをやり取りする方法なので、手元に米ドルがなくても取引が可能というわけですね。

ただし、手元にないお金をやり取りするにあたり、規則がなければ投資家達は無限にお金を動かせることになってしまい、万が一思った方向に為替レートが動かなかったら莫大な損失を被ることになります。

よって作られた規則がレバレッジという仕組みです。

レバレッジを使えば少ない資金で大きな取引が可能

FX取引を行うに当たり、まず口座に一定の金額を入金しておきます。このお金のことを、証拠金と呼んでいますが、日本では証拠金×25倍までの取引を実際にすることが可能です。

楽天銀行レバレッジって?

(引用:楽天銀行 レバレッジって?

極端な例ですと、1000万円の運用に25倍のレバレッジを使用すると、2億5000万円の取引が可能というわけですね。

初心者がいきなりウン千万円~億単位のお金を運用するのはFXでなくとも危険であると言えます

ロスカット制度がある

ロスカットとは、損失額が一定レベルに達したときに、さらなるマイナスの拡大を防ぐために強制的に決済してしまう制度のことを指します。

レバレッジを使ったFX取引では損失額が大きくなることも十分想定できますが、このロスカットルールがあるおかげで、最低限の資金は守ることが出来る可能性が高くなります。

ロスカットルールがなければ、FX取引用の資金全てを溶かしてしまうどころが、預けた資金以上の損失が発生し、支払いが必要となることもあります。

損失は確定してしまうものの、投資者保護のために設けられた制度であると言えます。

スワップポイント(金利差)により保有するだけで利益を出せる

通貨によっては、保有しているだけで高い金利を得られることがあります。

日本円はご存知の通り、ゼロ金利・マイナス金利が適用されてることより、極めて低金利であると言えますが、中には高い金利が設定されている国の通貨も存在します。

スワップポイントは金利差ですが、厳密には通貨ペア間の金利の差額のことを指します。

わかりやすく日本円の金利が1%、米ドルが3%と仮定して説明します。
日本円で米ドルを買い、しばらくの間米ドルを保有していた場合、米ドルの金利3%をそっくりそのまま得られるわけではなく、日本円と米ドルの金利差(3%ー1%=2%)を受け取ることができます。

この受け取れる2%の金利差のことを、スワップポイントと呼びます。

レバレッジを使ったFX取引の場合、スワップポイントにもレバレッジが適用されるので倍率によってはさらに高いスワップポイントが得られます。

低金利の通貨→高金利の通貨では、スワップポイントを得ることができますが、高金利の通貨→低金利の通貨では、反対にスワップポイント分の支払いが必要となる点には注意が必要ですね。

24時間取引可能

株式は取引時間が決まっていますが、FXの市場は実質24時間取引が可能です。

サラリーマン等、昼間の売買が難しい人であっても、帰宅後や空いた時間に取引することができる点が、人気を集めている理由の1つであると言えます。

これでもかという程メリットの多いFX取引ですから、なぜ1000万円の運用に向かないのかと疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。
FX取引自体は、気軽に行える点からもおすすめできる運用方法ではありますが、1000万円という運用資金の大きさゆえ、メリットがデメリットになる可能性が高いと言えます。

デメリット

1000万円の運用にFXが向かない理由をご説明致します。

レバレッジで損失額が大きくなる可能性がある

もし自分が予想した方向に為替レートが動けば、レバレッジ倍率相当の利益を出すことができますが、反対に動いてしまった場合、損失もその分増えてしまいます。

1000万円の運用資金を全てFXに注ぎ込んで、全額を失う可能性はもちろんのこと、レバレッジの副作用で手元の1000万円以上の損失を被ることもあり得ます。

大きな損失を避けるためには、運用資金の一部でFXを行うことや、レバレッジの倍率を低くして運用することが必要ですが、これではFXで運用することのメリットを享受できませんし、FXで運用する以外の資金は寝かせておくことになり、もったいないと言えます。

24時間動き続ける相場を監視し続けるのは無理がある

FX取引は、インターネット環境さえあればいつでもどこでも取引ができるため魅力的ではありますが、裏を返せば自分が見ていない間に相場が動いてしまう可能性があるということです。

全資産のうち、FXの運用資金をごく一部に留めておくのであれば、あまり気にする必要はないかもしれません。
しかし1000万円等のまとまった資金をリスクにさらしたまま相場を離れるのは大変危険と言えるでしょう。

これを避けるためには、長時間に渡る用事がある際や、就寝前はポジションを無くす(決済をしておく)ことが必要です。
しかし、手仕舞いをすることで、本来得られるべき利益を得られずして退場することになりますから、チャンスを自ら潰してしまう行為であると言えます。

では、手元の1000万円を運用するには、どのような方法でFXを活用すべきでしょうか。

1000万円運用にFXを活用するにはポートフォリオの一部に留める

運用資金が1000万円だとして、全額をFXに、ましてや同じ通貨ペアにするのは大変リスクが高いと言えます。

1000万円を細かく分けて、株や債券、投資信託などにも資金を投入し、その一部でFXを活用してみてはいかがでしょうか。

FXの調子が悪かったとしても、その他の運用商品でマイナス分を補える可能性があります。

しかし、1000万円全額を使って様々な運用商品に振り分けて管理をするのは、よほど時間が無い限りは難しいと言えます。

はじめは運用や投資が新鮮で面白いと感じるかもしれません。ビギナーズラックという言葉があるように、理由はわかりませんが、なぜかはじめた頃に利益が出る人が多いのです。
しかし、一度損失が出てしまうと、相場を見るのが嫌になるどころがそのまま放置していつの間にか塩漬けに・・・なんていうケースも見受けられます。
せっかくの1000万円を無駄にしないためにも、次の運用商品がおすすめです。

まとまった資金を運用するのにおすすめな投資先

1000万円などのまとまった資金を運用するには、ずばり投資信託とヘッジファンドがおすすめです。
プロによる運用、いくつかの商品を複数持ち合わせるという点では似た性質をもつ運用商品ですが、違いがあるので見ていきましょう。

まずは多くの金融機関で取り扱いがあり、最も身近な運用商品といえる投資信託からご説明差し上げます。

投資信託

投資信託とは、様々な金融商品(株や債券、不動産、金etc…)をパックにしたものです。

テーマはさまざまですが、大きく分けて

  • インデックスファンド
  • アクティブファンド

上記の2つに分けることができます。

インデックスファンドは日経225等の指標と連動するように作られた投資信託で、手数料が低い点等が魅力的です。
相場全体の動きを取ることができるので、順調に相場が成長していけば同じように資産が増えていきます。反対に相場の成績が思わしくない場合は同じように下落します。

アクティブファンドは目標とする指数を超える成績を目指す投資信託のことを指します。日本株のある業種だけをパックにしたものや、海外のハイリスクハイリターンな債券をパックにしたものなど、テーマに限りはありません。インデックスファンドよりも中身の資産の売買が頻繁に行われること等から手数料が比較的高い傾向にあります。

投資信託は1つ持つだけでそれなりの分散効果が得られますから、まとまった資金の運用先としてもおすすめです。
しかし、手数料ばっかり取られて運用成績が伴わない商品があるのも確かです。この投資信託の手数料とリターンの関係を改善したものがヘッジファンドです。

ヘッジファンド

ヘッジファンドも投資信託のように、様々な商品をパックにしているものですが、投資信託とは違い、一般的な金融機関では販売されていないため、あまり馴染みがない金融商品と言えるでしょう。日本では知名度があまり無いと言えるヘッジファンドですが、欧米ではまとまった資金の運用先として代表的な金融商品の1つです。

ヘッジファンドは不特定多数の投資家に販売される投資信託とは違い、少数に対して販売しているものです。不特定多数による出資を受ける投資信託は、金融庁の厳しい規制がかけられていますが、ヘッジファンドは少数にのみ販売するものと定められていることから投資手法における制限があまりありません。よって、ありとあらゆる手法を使って貪欲にリターンを狙うことができます。

手数料体系はヘッジファンドにより様々ですが、管理に2%、儲けの部分に20~50%の
手数料がかかることが一般的です。
儲けが出ればヘッジファンド側にも利益が入るため、運用サイドは積極的にリターンを狙いに行きます。

実際に株式市場との比較をしてみましょう。

ヘッジファンドと株のリターン比較

(引用:モーニングスター

ITバブルの崩壊や、リーマンショックによって起こった相場の大暴落時期、株式相場はこぞって40%、50%のマイナス成績でした。ヘッジファンドもマイナスにはなったものの、より低いマイナス幅で抑えることができているのがお分かり頂けると思います。

ヘッジファンドは積極的にリターンも狙っていくことはもちろんですが、万が一下がってしまった時にも強いと言えます。
下げに強いというのは、1000万円等のまとまった資金を運用するにあたって大変重要です。FXのように上げ幅も下げ幅も両方広いというのは資金を守るのには適さないため、ヘッジファンドで守りながらリターンを狙うという方法がベストであると言えるでしょう。

実際に欧米のヘッジファンドで運用するのがおすすめですと言いたいところですが、欧米のヘッジファンドは、最低投資額が1億円を超えるなど1000万円の運用を考える人には少々ハードルが高いです。しかし国内ヘッジファンドも欧米のヘッジファンドに引けを取らない運用成績を納め、さらに最低投資金額が1000万円と比較的低いことから最近日本でもヘッジファンドがジワジワと人気を集めています。

中でもおすすめのヘッジファンドがBMキャピタルです。

BMキャピタル

BMキャピタルは運用開始以来マイナスリターンで終わったことがなく、平均で10%の利益を出す優秀ヘッジファンドです。

BMキャピタルトップページ

BMキャピタルの投資先は日本株で、投資手法はバリュー投資という割安になっている銘柄に投資をし、値が上がったところで売却して利益を出す方法をメインとしています。
バリュー投資は大きなリターンが狙える可能性が高いものの、いつ上がるかわからないという投資期間の長期化がリスクと言えます。しかし、BMキャピタルは資金力の高さを活かして一定以上の株式を買い、株主という立場を使ってあれこれ意見をするのですね。

企業価値を高めるための提言を経営陣に働きかけることで、株価の上昇を早期化することができ、長期化のリスクもクリアしていると言えます。

市場で割安な評価がされているため、それ以上下がる可能性もそれほど高くないという点からも、下げに強いという点もBMキャピタルの特徴です。

BMキャピタルなどのヘッジファンドは、証券会社や銀行などを通した販売はされていないことがほとんどです。

興味のある方は直接問い合わせて見てくださいね。

まとめ

FXは、1000万円というまとまった資金を運用するのには適さないということがお分かり頂けたかと思います。

せっかくリターンが狙えるFXですが、運用するならポートフォリオの一部で、なおかつ低レバレッジで行うことをおすすめ致します。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
1000万円の運用資金はFXで行うよりも、ヘッジファンドでプロにおまかせした方が安心感があるのではないでしょうか。

BMキャピタルやヘッジファンドについて更に詳しく記載した記事があるのでぜひこちらの記事も参考になさって下さい。

ABOUT ME
はる
某大学の経済学部を卒業後、新卒で某大手証券会社へ就職。運動部さながらの日々をなんとか耐え抜き、結婚を機に退職。かわいい双子の子育て(証券より大変なんですケド・・)をしながら主婦投資ブロガー/ライターとして幅広く活動しています。お金に無関心な旦那に、投資の心得を叩き込み中。FP2級/二種外務員資格保有。
初心者のための利回り別!おすすめ資産運用ランキング2019完全版
おすすめ資産運用ランキング2019完全版
このまとまった資産・・さて、どう運用しよう。

元証券ウーマンならではの目線で、1000万円クラスのボリュームのあるお金の初心者向け運用方法を実体験を踏まえてランキング形式でまとめました。これから、まとまった資産の運用をお考えの方は必見のコンテンツです。

ランキングを見る