おすすめ資産運用方法

1000万円を安全に運用!元本保証の資産運用方法4選

減らしたくない!元本保証で1000万円を運用する方法とは

1000万円のまとまった資産は、減らしたくないと考えるのは当然です。しかし、そのまま利率の悪い普通預金で貯金しておくのもちょっと・・・そうなると気になるのが元本保証の資産運用方法。投資元本が失われるリスクがなく、安心してお金を運用していけますよ。
ここでは、主婦投資ブロガーのはるが元本保証の運用方法を紹介していきます。まとまったお金をとにかく安全に運用していきたい人は必見です。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
資産運用ってお金が減りそうで怖いという人は、まず今回紹介する元本保証の運用方法から試してみると良いですね!
  • 元本保証の投資方法は「リスクゼロ」というわけではない。
  • 積極的に運用する資産と合わせて賢く運用を行うのがコツ。

元本保証の運用商品を利回り別に紹介

早速、元本保証の運用商品を利回り別に紹介していきます。ここでの元本保証の定義は、「ほぼ損失リスクがない」とします。満期前に解約したり、投資先の企業や国が倒産した利した場合は、資産の損失が発生する可能性がありますのご注意を。

定期預金

期待利率:0.01~0.3%

定期預金は元本保証で、また預けて満期が来るのを待つだけと投資初心者にも手軽に取り組める運用方法として人気を集めています。
1000万円を定期預金で運用することのメリット・デメリット(リスク)は、以下の通りです。

メリット

―投資に手間がかからない
先述したとおり、定期預金は銀行へお金を預ければあとは満期が来るのを待つだけ。投資者が行うことと言ったら、利率の良い銀行を必死で探すことくらいです。また、金利については実店舗を持たないネット銀行が高金利とされています。

―ペイオフ制度が利用できる
ペイオフ制度とは預け先の銀行が破綻した時に、預け金の1000万円とその利息分までが預金保険機構によって保護される制度です。よって、預け金額が1000万円を超える人は複数銀行に分散して預け入れるなど、工夫が必要ですね。

―銀行で簡単に契約できる
資産運用を行うとなると、証券会社に口座を開いたりと投資初心者の方にはハードルが高いと感じられるかも知れません。その点、定期預金は身近な銀行で契約ができ投資のハードルが比較的低いと言えますね。

デメリット(リスク)

―利回りが悪い
メガバンクの定期預金であれば年利0.01%程。1000万円を1年預けて、1000円ほどしか増えない計算です。せっかくまとまった投資元本があっても、お金がなかなか増えていないのはデメリットと言えますね。

―長期的にお金がロックされる
定期預金は預入期間が長ければ長いほど、利率が良い傾向にあります。と入っても、5年10年といった長期間お金がロックされてしまう点は、その間他の運用方法でもっとお金を増やせたり、自己投資をして収入をアップさせたりする可能性をなくしてしまう点はリスクであるとも言えるでしょう。

定期預金は、簡単ですがまとまった利益は狙えませんので1000万円を銀行の普通預金に預けておくよりは・・・そんな方は、1000万円を元本保証で安全な定期預金で運用を行えると良いですね。

個人向け国債

期待利率:0.05%~

個人向け国債は、国が発行している個人投資家向けの債券のことです。国債を購入すると、投資者は国にお金を貸していることになり、満期が来ると元本に利息がついて戻ってきます。そんな個人向け国債の種類は固定金利の3年、5年ものと、変動金利の10年もの。いずれも0.05%の最低金利が保証されているので、基本的に元本保証で安全に運用できます。
1000万円を個人向け国債で運用することのメリット・デメリット(リスク)は、以下の通りです。

メリット

―銀行に預けるより高金利
最低金利0.05%が保証されているので、0.01%程という銀行の定期預金に預けるより高利回りで運用が可能です。また、定期預金と同様に購入してしまえばあとは、満期が来るのを待つだけと投資の手間もかかりません。

―発行体の倒産リスクの小ささ
発行体が国ということで、発行元が倒産して価値がなくなってしまう可能性は極めて低いと言えます。株式投資で投資先企業が倒産して株券かただの紙になってしまった・・・なんて人もいますので、その点価値がゼロになるリスクを持ち合わせていない点は安心ですね。

―銀行で購入可能
国債は証券会社だけでなく、都市銀行、地方銀行や信用金庫などでも取り扱いがあります。近くでいつもお世話になっている金融機にて購入ができるところは、投資のハードルがぐっと下がります。

デメリット(リスク)

―中途解約に手数料が発生
個人向け国債は購入から1年が経過した後は、基本的に自由に解約ができます。しかし、満期前に解約をすると中途換金調整額(計算式:直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685)と呼ばれる換金手数料が引かれることになります。

―もっと高利回りの運用方法がある
こちらも、そもそもの話ですが投資信託や株式投資などで運用すれば年利3%以上での運用も可能なことから、1000万円ものまとまった投資資金を利率の低い個人向け国債で運用することがリスクであると考えることもできますね。

個人向け国債は定期預金意外であれば、一番手軽に取り組める元本保証の投資商品であると言えます。定期預金も高利率でかつ投資の手間を省きたい方は、個人向け国債で安全第一で運用しても良いですね。

保険商品

期待利率:1%以下

保険の中でも、貯蓄型保険と呼ばれる、貯金機能に通常の保証がついた保険商品があります。どうしてこの貯蓄型保険が資産運用に活用できるかと言うと、貯蓄型保険の中には保険料の払込期間が一定時期を超えると、解約時に払い込んだ保険料より多くのお金が戻ってくることがあるからです。
1000万円を保険で運用することのメリット・デメリット(リスク)は、以下の通り。

メリット

―いざというときに保証が受けられる
貯蓄型保険は保険ですので、病気や怪我、また被保険者が死亡した際にはしっかり保証がおります。運用でお金を増やしながら、同時に安心も手に入れられる点は保険投資ならではと言えますね。

―手間いらずで投資ができる
保険も毎月の保険料を満期まで収め続けるだけと、投資の勉強をしたり、パソコンの前に張り付いてチャートの分析を行ったりしなくて良い点は、投資に時間を取れない会社員や主婦の方にも嬉しいですね。

―強制的に貯金ができる
手元に大きなお金があると使ってしまうという人は、毎月保険料を支払うことで強制的に貯蓄ができる点は保険に投資を行うメリットであると言えますね。お金をロックしてしまうことで、しっかり浪費を防ぐことが可能です。

デメリット(リスク)

―満期前に解約すると損をする
保険商品は基本的に10年、20年という長期運用が基本で、またその満期前に解約をしてしまうと、損をする場合がほとんどです。子供の学費など思いがけない出費により、毎月の割高な保険料を支払いきれなくなり、途中解約をしてしまい損をしてしまう可能性がある点はリスクと言えますね。

―運用期間に対し利率が良くない
保険商品は10年、20年という長期的にお金がロックされてしまうにも関わらず、年利に直すと場合によっては1%以下と低利率。こちらも、個人向け国債同様に他の運用方法での運用が出来たことを考えると、手放しに良い方法だと言えません。

保険は長期的にお金がロックされてしまうので、利用に関してはしっかり適正を吟味したいところ。しかし、貯蓄性の高さは抜群ですので、貯金が続かないという人は1000万円を思い切って元本保証の保険でお金を運用してみるのも良いでしょう。

社債

期待利率:0.1~0.3%

最後に紹介するのは、社債です。社債とは企業が投資家から資金を集める目的で発行する債券のことで、個人向け国債同様に購入し満期が来れば元本に利息がついて戻ってきます。社債は個人向け国債よりも金利が良いのが特徴で、例えばソフトバンクがグループが発行した個人向け社債(第48回無担保普通社債)は、7年満期で利率が年2.13%と高利率。
1000万円を社債で運用することのメリット・デメリット(リスク)は、以下の通り。

メリット

―利率が良い
先述したとおり、社債は低リスク商品の中ではダントツの利率の良さを誇ります。先程紹介したソフトバンクグループの社債の他には、SBIホールディングクスの社債(SBIホールディングス株式会社第5回無担保社債)が3年で利率2.15%などが人気の社債として良くあがりますね。

デメリット(リスク)

―発行元の倒産リスクがある

発行元が企業ということで、発行元の倒産のリスクがあります。債券はムーディーズなどの格付機関により、債券の信用力が支払い能力が格付けされていますので参考にできるとよいでしょう。ちなみに、2019年9月現在のソフトバンク社債のムーディーズによる格付けはBa1(投機的と判断され、相当の信用リスクがある債務に対する格付)となっています。


(引用:ムーディーズ SF ジャパン株式会社 格付記号と定義

社債はある程度まとまった利益を狙える反面、それなりにリスクを伴います。1000万円を社債で運用される際は複数企業に分散して投資を行うなどリスク管理をしっかり行った上で投資を行えると良いですね。

元本保証は本当に安全か?

さて、ここまで1000万円の運用候補として元本保証の安全性の高い運用方法を4つ見てきました。このように元本保証の投資方法は存在しますが、この元本保証というのは本当に安全なものなのでしょうか?ここで、元本保証の投資方法に付随する以下2つのリスクについて見ていきます。

1、インフレのリスクがある

インフレという言葉をご存知でしょうか?インフレとはインフレーションの略称で、物価の上昇を示す言葉です。つまりインフレが起こると、物価が上昇します。銀行に1000万円を預け入れてちょこっと増やしてから憧れのマイホームをと思っていたら・・・急激なインフレ発動。買いたかったおしゃれな物件は物価の上昇に合わせて値上がり、1000万円では到底買えない!なんてことが起きる可能性も。

インフレで物価はどんどん上がっているのに、銀行に寝かせているお金はほとんど増えていない。実際元本保証の用に思えて、銀行に眠らせているお金の価値はどんどん減っていっているかもしれません。2019年現在日本のインフレ率は1%を超えています。そんな中、1%に到底満たない元本保証での金融商品で運用するには、資産価値の値下がりリスクを抱えてしまうと言っても良いでしょう。

2、金融リテラシーが上がらないリスク

金融リテラシーとは、お金についての知識や判断力のことをいい、政府による「貯蓄から投資へ」のスローガンから見ても分かる通り、金融リテラシーの必要性は高まってきています。超低金利時代の今、お金は眠らせておくのではなく積極的に運用して増やす、つまり資産運用を行うことが大切になってきています。

そんな中、基本的には投資の手間・知識がいらない低利率な元本保証の金融商品で1000万円のまとまった資産を投資をし続けるのは、少し時代に逆行した行動とも言えるかも知れませんね。これから年金にも期待できない厳しい時代を生き抜いていくためにも、リスクを抑えた上でより積極的に運用を行うことを考えても良いでしょう。

投資することも考えてみるべき

元本保証の投資も良いけれど、少し積極的に運用をしてみたい。そんな人におすすめな投資方法を以下2つ紹介してみます。

1、投資信託

期待利率:3%~

投資信託は金融商品を購入するだけで、投資のプロに複数の投資先に分散して投資を行ってくれる投資商品です。国内株に投資するファンド、海外株に投資するファンドなど、どのファンドへ投資を行うかは投資者自身で考える必要がありますが、その後の運用がプロにおまかせ、あとは売りどきを考えれば良いだけ。

相場にもよりますが、年利3%~と元本保証の投資商品よりも高利回りで、プロが投資者の代わりに資産をしっかり分散させて投資を行ってくれるので、一括集中投資を行って1000万円の資産が全額なくなってしまった・・・なんて可能性が低いことは投資信託に投資するメリットであると言えます。

2、ヘッジファンド

期待利率:10%~

2つ目はヘッジファンドです。ヘッジファンドは資産を預けるだけで、投資のプロにリスク管理から運用までを一括お任せできる運用商品です。最低投資額が1000万円~と高額、証券会社で販売されていないために直接ファンドと契約しなけれならないなどの制約がありますが、その分自由な運用が約束されており、年利10%~とプロだからこそ実現できる高利回りで運用を行えます。

ヘッジファンドの場合は成功報酬として出たリターンに対し10~20%ほどと割高な手数料が引かれますが、運用に上手く行かずマイナスがでてしまっていても運用額に対し手数料が発生する投資信託よりずっとずっと効率的であると言えます。

ポートフォリオを組むのがおすすめです

ヘッジファンドの場合は最低投資額が1000万円~となり、資産を預けるだけでプロが勝手にポートフォリオを組んで投資してくれるので不要ですが、もしご自身で投資信託や他元本保証の運用方法で運用を行われるのであればポートフォリオを組むのがおすすめ。

攻めの運用方法x元本保証の運用方法を上手に組み合わせることにより、自分の経済状況やライフスタイルにピッタリあったポートフォリオを作成することができるでしょう。また、適切な分散投資を行うことで投資の値下がりリスクもしっかり抑えることができますよ。

1000万円はリスクを抑えかつ効率的に運用

ここまで、1000万円を元本保証の安全な投資方法で運用する方法について見てきました。先述したとおり、元本保証の運用方法で運用したからみんながみんな破綻するわけではありません。取れるリスクと期待するリターンを比較しながら、ご自身にピッタリの方法で1000万を安全に運用していけると良いでしょう。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
まずは無理なく、低リスクな運用方法で投資の感覚に慣れ、段々とそのバリエーションを広めて行けると良いですね。
ABOUT ME
はる
某大学の経済学部を卒業後、新卒で某大手証券会社へ就職。運動部さながらの日々をなんとか耐え抜き、結婚を機に退職。かわいい双子の子育て(証券より大変なんですケド・・)をしながら主婦投資ブロガー/ライターとして幅広く活動しています。お金に無関心な旦那に、投資の心得を叩き込み中。FP2級/二種外務員資格保有。
初心者のための利回り別!おすすめ資産運用ランキング2019完全版
おすすめ資産運用ランキング2019完全版
このまとまった資産・・さて、どう運用しよう。

元証券ウーマンならではの目線で、1000万円クラスのボリュームのあるお金の初心者向け運用方法を実体験を踏まえてランキング形式でまとめました。これから、まとまった資産の運用をお考えの方は必見のコンテンツです。

ランキングを見る