おすすめ資産運用方法

3000万円を運用!安全な運用法とおすすめ投資先を紹介

1億越えも夢じゃない!?3000万円のおすすめ資産運用法!

低金利の銀行に預けてもお金が増えない時代。「手元の3000万円を運用して、上手に資産を増やしていきたい」という方も多いはずです。

とは言っても特に本格的な資産運用が初めてという方は、何から手を付けるべきかまず悩みますし、3000万円もの高額資産の運用となると投資に失敗した時のリスクも大きく不安ですよね。

でも大丈夫!3000万円の資産運用も、成功のコツを押さえ、ご自身に合う投資法さえ選べば怖いものではありません。

むしろ資産運用額が3000万円あったら、選べる投資先の選択肢も多種多様に。リスクヘッジの徹底と効率的な運用で、大事な3000万円を守りつつ1億円にまで増やすことも期待できるんです。

そこで、本記事では3000万円の資産運用時に押さえておくべきポイントと、投資初心者におすすめの運用方法を紹介しながら、あなたの生活スタイルやタイプに合わせた投資先選びをお手伝いします!

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
無理なく、安全に続けられる資産運用の方法を一緒に見つけて行きましょう!
  • 3000万円の安全な資産運用には手間暇がかかる
  • 投資のプロの手も借りながら上手に資産運用しよう
  • 3000万円を上手に運用することで、アッパーマス層(純金融資産が3000万円~5000万円未満)から富裕層(純金融資産が1億円~5億円未満)への仲間入りやセミリタイアも夢ではない

※まだ貯まっていないけれど、「貯金3000万円を目指してこれから資産運用をしたい!」という方は以下の記事がおすすめ。リスク・リターン別に具体的な投資法をご提案しています。

基本を再確認!投資成功のポイント

3000万円の具体的な運用法をご紹介する前に、まずは資産運用前に押さえておくべき以下の3つの基礎ポイントについてお伝えします。

  • インフレに負けない年利で運用
  • 長期投資
  • 分散投資

このポイントを知っておくことが安全かつ効率的な資産運用への第一歩!しっかりと内容を押さえて投資戦略を立てましょう。

先に具体的な運用方法を知りたい!という方は次の章へジャンプ

1.インフレに負けない年利で運用

3000万円の資産運用成功のポイント1つ目は、投資先選択の基準にもなる年利を意識すること。

金融商品の中には年利1%以下、年利3%~5%、年利10%を狙える商品など、様々な商品が存在しますが、資産運用を成功に導くためには、期待年利回りがインフレ率に負けない商品で運用することがポイントとなります。

では、なぜインフレ率を上回る利回りで資産を運用する必要があるのでしょうか?

インフレ:物やサービスの値段が上がり、相対的にお金の価値が下がること

日本銀行は年に2%のインフレ(物価上昇)を目標としています。もし年2%のインフレが毎年達成された場合、例えば100万円の資産価値は以下の図のように年々下落してしまうんです。

genkinkachi
(引用:野村証券

同様に今ある貯金3000万円も5年後、10年後とインフレが進む毎にお金の価値が下がってしまうため、資産の目減りを防ぎながら増やすには、日本銀行の目標インフレ率2%よりも高い利率での運用を心掛けましょう。

2.長期投資

3000万円と投資資金が高額な分、「短期間の運用で資産を増やし、リスクが伴う資産運用からは早く手を引きたい」という方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、実は下のグラフのように、長期間の資産運用の方がむしろ元本割れするリスクが低くなる傾向があるんです。
choukitoushi
(引用:みずほ証券

長期投資では頻繁な市場の値動きに左右されにくく戦略的に利益を狙いに行けるため、運用期間が長期になるほど収益が安定しやすくなります。

また、投資で得た利益を元本に加えて運用する複利運用だと、より高い複利効果が期待できます。

単利=元本にのみ利息がつく
複利=元本+利息に新たな利息がつく

3000万円を各利回りで単利・複利運用した場合の以下のシミュレーション結果からも、投資期間が長いほど複利効果が高まり、雪だるま式に資産が増えていますよね。

3000万円の単利運用・複利運用シミュレーション結果

このようにリスクを抑えながら効率的に収益アップを目指すためには、一歳でも早く資産運用を始め、長期目線で資産形成することが重要なんです。

3000万円を1億円にするにはどのくらいの時間と利回りが必要?

ちなみに、貯金3000万円を複利運用して資産1億円の大台に乗るために必要な利回りと運用期間は以下の通り。

年利1%:約121年(単利運用時は200年以上)
年利3%:約41年(単利運用時は約78年)
年利5%:約25年(単利運用時は約47年)
年利10%:約13年(単利運用時は約24年)

3000万円から資産1億円達成にかかる年数でも複利運用が圧倒的に有利であることがわかりますね。

3.分散投資

ほかにもリスクを減らす投資方法に「分散投資」があります。

分散投資とは投資先を一つに絞らず、複数に分散して投資することで価格変動リスクの影響を低減させる投資方法のこと。

分散投資の例
(引用:金融庁

株や債券などの金融商品や、国内外といった地域、通貨、投資時間など、投資先や投資タイミングを多様化させることで、仮にその内の1つが値下がりしても他の投資先の利益でマイナス分をカバーできます。

分散投資は資産運用において最も重要な要素の一つ。分散投資によるリスクヘッジは徹底しましょう。

さて、ここまで貯金3,000万円の運用成功のポイントについてお話しましたが、いかがでしょうか?

意外とシンプルで容易とも思える投資のコツ。しかし、長期投資の戦略立てや値動きの異なる分散投資先の選定には、経済、金融、企業などの情報を集めたり、投資後も日々新しい情報をキャッチしたりと意外と手間暇が掛かるんです。

そこで続いては3000万円の資産運用を、

の3つに分類して、それぞれのメリット・デメリット、期待利回りをご紹介します。

3000万円あったらどんな投資方法を選ぶべきか、あなたの生活スタイルや希望に合う運用方法を一緒に考えてみましょう。

高額資金を誰に託す?自分でするVSプロにお任せ

まずは3000万円を自分で直接運用する場合です。

1.自分で運用する場合

具体的な金融商品例 株式、不動産投資、FXなど
期待利回り ・株式(4%~)
・不動産投資(4%~5%)
・FX(10~20%)
難易度 簡単  難しい
メリット ・手数料を最小限に抑えられる
・投資の知識が身に付く
デメリット ・投資先の選定・投資後の値動きチェックに時間と労力がかかる
・値動きによる精神的な負担がかかる
・高度な専門知識が必要
おすすめなタイプ ・投資知識をつけたい人
・投資に時間・労力をかけられる人

自分で運用する投資方法は、株式や不動産投資、FX(外国為替証拠金取引)などがあります。

資産運用を自分で行う最大のメリットは、投資にかかる手数料を最小限に抑えられること。

プロに運用の一部または全てを依頼する場合、分散投資を考慮した投資先商品の選定から実際の運用に至るまで、プロのファンドマネージャーが投資家に代わって行ってくれます。

その対価として、投資家は出資中に管理手数料などの様々なコストを運用会社に支払わなければなりません。

投資信託のコスト例その点、株や不動産投資など自分で資産運用する場合はこの手数料をカットできるため、収益をほとんど自分のものにできます。

しかし、安定的な収益を生み出すには、数ある投資方法や金融商品について情報を集めて研究・比較する必要があるため、投資に関する高度な専門知識はもちろん、莫大な時間と労力もかかってしまいます。

加えて、投資後も景気動向や株価等値動きをチェックし続ける手間や、頻繁な相場変動に伴い自分の資産が増減することに対する精神的ストレスがかかるため、会社勤めなどで投資に時間をかけられない方や投資初心者には大きな負担となることも。

そのため、自分で株や不動産等で運用をするタイプには、投資について積極的に学び、運用に手間暇をかけられる方が向いていると言えるでしょう。

逆にそうでない場合は、三千万円などのまとまった額の資産運用はプロに任せ、ご自身では投資金の一部を使って少額から個人投資に挑戦してみるのもおすすめです。

自分で運用する投資方法について興味のある方は、以下に詳しく解説した記事があるので参考にしてみてください。

2.プロに運用の一部を任せる場合

具体的な金融商品例 投資信託、REIT(不動産投資信託)、ETF(上場投資信託)など
期待利回り 3~4%
難易度 簡単  難しい
メリット ・少額から分散投資ができる
・プロ任せで、個人での運用時より手間がかからない
・自然と分散投資でき、投資先の幅も広がる
デメリット ・投資先ファンドを自分で選ぶため、ある程度の専門知識が必要
・運用成績の良し悪しに関わらず手数料が発生する
おすすめなタイプ ・少額投資をしたい人
・資産を分散したい人

「自分で3000万円を運用するのは不安」、「もう少しかんたんに資産運用をしたい」という方には、資産運用の一部をプロに委託する投資方法だと投資にかかる手間や労力が軽減されるため、より気軽に投資を始められるでしょう。

その代表的な投資方法に投資信託があります。

投資信託の仕組み
(引用:楽天証券

投資信託は、様々なテーマに沿って国内外の株や債券などが組み合わされたパッケージ商品の中から、投資者が自分にあったものを選んで購入するだけでよいため、投資先を探す手間暇が省略できます。

投資信託の商品イメージ

また、1つのパッケージの中に複数の投資先が含まれるため、商品を選ぶだけで自然に分散投資ができるのも嬉しいポイント。

その上、投資信託は多くの投資家から資金を募る分、1人当たりの出資金額が少なくてもよいため、100円~1万円といった少額からの投資が可能です。

商品ラインナップに関しても、資金力や専門性の面で個人では出資しづらいファンドを含む約6000本以上の商品があることに加え、投資対象が不動産に特化されたREIT(不動産投資信託)など、様々な種類の商品が準備されているのが特徴です。

しかし、金融商品がパッケージ化されて選びやすいとはいえ、どのパッケージ商品(ファンド)に投資するかは自分で選択しなければなりません。よって、各ファンドの概要や運用の特徴等ある程度はご自身で下調べをして基本知識を付けておく必要はあるでしょう。

また、投資信託の場合、金融商品の購入時や解約時、そして出資期間中にも運用管理費用(信託報酬)などの手数料がかかります

これらの手数料は運用成績の良し悪しに関わらず固定で差し引かれるため、自分の利益を得るためには必要コスト以上の収益を上げられる金融商品を見極める必要があります。

投資信託については、以下のページにてより詳しく解説していますので、興味のある方は読んでみてください。

このように運用の一部をプロに委託する場合は、手数料を対価に、投資にかかる手間と労力の削減やリスク軽減がしやすいことがわかりました。

ではプロに資産運用を全てお任せする場合はどうなのか、続けてご説明します。

3.プロに運用の全てを任せる場合

具体的な金融商品例 ヘッジファンド
期待利回り 10%程~
難易度 簡単  難しい
メリット ・投資先の選定から運用まで全てお任せ出来る
・高度な投資知識は不要
デメリット ・最低投資額が高額
・運用会社に関する情報が探しにくい
おすすめなタイプ ・プロに完全にお任せしたい人
・資産を分散したい人

ヘッジファンドとは、前述の投資信託のように資産運用をプロにお任せできる投資方法です。

ヘッジファンドの場合、ファンドマネージャーが投資先の検討や選定、分散投資などを全て投資者に代わって運用してくれるため、投資者のすることと言えばファンドに入金するだけ。

そんなヘッジファンドに運用を全て任せることで得られる主なメリットは以下の3つ。

  1. 個人で運用するより安全
  2. 安全でありながら高リターン
  3. 投資ストレスから解放される

まず、ヘッジファンドは、国内外の金融機関で経験を積んだ投資のプロが、私たち投資初心者が持ちえない専門知識や豊富な技術を用いて資産を運用してくれるため、個人で運用するよりもずっと安全性の高い運用が期待出来るでしょう。

実はハーバード大学をはじめアメリカの有名一流大学や富裕層は、資産運用にヘッジファンドを積極的に導入しています。

実は日本でも、以下のように安全な運用が求められる年金基金や金融機関がヘッジファンド投資をしているんです。

hedgefund
(引用:大和総研

このような点からも、ヘッジファンドは国内外の多くの機関から信用を集める安全度の高い運用方法であると言えるでしょう。

また、基本的にヘッジファンドは相場環境に関わらず常にプラスの収益を狙う「絶対収益」、リターンが生じた場合にまとまった手数料が発生する「成功報酬制」で運用されます。

投資信託とヘッジファンドの違い
投資信託 手法の規制が強く下落局面では利益を狙えない
相対収益(ベンチマークした指標を上回れば良い)
手数料は運用成績に関わらず固定で発生
ヘッジファンド 投資手法の規制が緩く、両局面で利益追求可能
絶対収益(相場の上げ下げに関わらずプラスの収益を狙う)
リターン発生時にまとまった手数料が生じる成功報酬制

投資信託と比べると、ヘッジファンドは運用モチベーションが高くならざるを得ない環境であるうえ、運用の自由度が高くより柔軟で多角的な戦略がとれます。そのため、下落相場でも耐性を維持しながら年利10%以上の高いリターンも狙いにいくことが可能なんです。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
3000万円を年利10%で運用できた場合、10~15年で1億円に到達。スピーディーな資産形成が期待できますね。

独力で年利10%もの利回りで安定的な運用を続けるには、手間暇や精神的ストレス、高度な投資知識が要されるのでとても大変。

その点、ヘッジファンド投資では投資先の検討から実際の運用、変動する相場への対応も全てプロの投資家が代行してくれるため、高いリターンを狙いながらも、投資者はストレスを感じずに資産運用できるでしょう

そのため、3000万円まるまる任せたり、資産の半分だけお任せして残りは自己運用したり等、ヘッジファンドを有効活用して利回り・投資にかかる労力・安全性のバランスが取れた効率的な運用を目指すのもありではないでしょうか。

最近は日本でもヘッジファンドへの注目が高まりつつあり、日本籍ファンドも実は意外と多いんです。

最低投資額が高額(億越えも多い)・英語で全てやり取りする必要がある海外のヘッジファンドと比べて、日本籍ファンドは1000万円程から投資可能・日本語で投資が可能と、投資ハードルがグッと下がるのでおすすめですよ。

国内ヘッジファンド例
BMキャピタル 東大卒エリートファンドマネージャーが安全運用
EXIA 有名FXトレーダーが積極運用
フロンティアキャピタル イラン株に投資できる数少ないファンド
ベイビュー・アセット・マネジメント 様々な私募・公募ファンドを取り揃え
ストラテジックキャピタル アクティビストファンドとして積極活動

▶国内おすすめヘッジファンドの比較・ランキング記事はこちら!

3000万円の資産運用ポートフォリオ具体例

ここまで筆者の経験も合わせて、ヘッジファンドなら手間やストレスをかけずに安全かつ効率的に3000万円を運用できるとおすすめしました。

ヘッジファンドではファンドマネージャーが投資先を分散して運用してくれますが、さらに念には念を入れてヘッジファンド以外にも分散投資しておくとより安心ですよね。

分散投資先の検討で必要不可欠なのが「ポートフォリオ」の作成。

ポートフォリオとは、どの金融商品にどのくらい投資するかの具体的な組み合わせのことを言います。いわば投資の戦略地図のようなものですね。

見知らぬ土地でも地図があると道に迷うことなく目的地に辿り着けるように、投資においてもポートフォリオを活用することで、より安全で効率的な運用ができます。

そこで、初心者でもチャレンジしやすそうな3000万円運用のポートフォリオ例を、目標利回り別に2パターン作ってみたので、ご自身のポートフォリオ作成の参考にしてみてください。

目標利回り5%~8%のポートフォリオ例

まずは3000万円を目標年利5%~8%で積極的に運用したい方向けのポートフォリオ。

仮に3000万円を年利5%の複利運用を続けた場合、5年で約4000万、10年後には5000万円近くになります。

ここまで資産が増えたら定年退職後の老後も安心ですし、65歳を待たずセミリタイアして会社勤めから一歳でも早く卒業!も夢じゃありません。

3000万ポートフォリオ例1
実はこれ、実際に筆者が運用中のポートフォリオでもあるんです。

日本国債や元本保証の銀行預金などのローリスクローリターンの運用先には投資せず、ヘッジファンドに投資金の半分を投資して効率的にハイリターンを狙う戦略です。

そして残り半分の資金は種類と地域の異なるインデックス型投資信託に振り分け。ちなみに筆者の投資先は以下の通りです。

  • 外国債券
  • 国内債券
  • 外国株式

投資信託選択時の注意点は、運用成績の良し悪しに関わらず固定で発生する手数料でしたよね。そのため筆者は手数料が安いインデックス型、かつ購入時・換金(解約)時手数料が無料のものを選んで運用コストを抑えるよう注意しました。

もう一つのポートフォリオは、利回りを少し下げてもできるだけ安全重視で運用したいという方に、目標利回り3%~4%を目標として作成してみました。

目標利回り3%~4%のポートフォリオ例

3000万円をヘッジファンドと投信信託のみで運用するのが不安な方は、目標年利を3%~4%に設定してポートフォリオを組んでみましょう。

3000万ポートフォリオ例2

こちらでは、ヘッジファンドと投資信託のほかに日本国債と定期預金にも分散投資することで、ある程度のリターンを狙いつつも元本割れリスクを抑えたより安全度の高い運用を目指しています。

日本国債と定期預金はローリスクな分ローリターンのため、ヘッジファンドと投資信託でしっかり収益を上げたいですよね。

そのため繰り返しになりますが、外国債券や国内債券、外国株式など多種多様な投資信託商品の中でも、手数料が安い商品やコスト以上のリターン獲得が狙える優秀商品をじっくり見極めて選ぶなど、コストとリターンのバランスに注意して投資先を決めましょう。

プロの力も借りて効率的に運用しよう

さて、ここまで3000万円あったら活用したい資産運用方法に関して、投資の基本心得からおすすめの運用方法、ポートフォリオ例までご紹介してきました。

3000万円というまとまった資金の運用となると、失敗して資産を減らすのだけは避けたいので先述した通り長期投資・分散投資など投資の基本を徹底した運用を心掛けたいですね。

そのうえで、プロの力を上手に取り入れることは、より安全で効率的な資産運用のための有効な策の一つ。

特に投資初心者や個人で運用するのが不安な方は、3000万円まるごと、あるいは3000万円の一部をプロへお任せすることで、運用にかかる手間や精神的負担を軽減しつつリターンを狙っていけるでしょう。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
筆者も自分で下落相場にも対処しながら長期的に安定した運用をし続ける自信がなく、ヘッジファンドへお任せ中。せっかく貯金や投資で手に入れた大事な3000万円なので、一人で背負わずプロの力も上手に借りて資産運用できると良いですね!

まとまったお金の運用方法については、本ブログに運用先をリスク度別に解説している記事もご用意していますので、こちらもぜひご参考にしてください。

ABOUT ME
はる
某大学の経済学部を卒業後、新卒で某大手証券会社へ就職。運動部さながらの日々をなんとか耐え抜き、結婚を機に退職。かわいい双子の子育て(証券より大変なんですケド・・)をしながら主婦投資ブロガー/ライターとして幅広く活動しています。お金に無関心な旦那に、投資の心得を叩き込み中。FP2級/一種外務員資格保有。
【FP監修】投資初心者が手元の1000万円を効率的に運用するには?

投資初心者は必見!1000万円運用法まとめ

この度投資初心者が、1000万円クラスのまとまったお金を運用する前に絶対に押さえておきたいポイントを外部の先生のお力も借り1記事にギュッとまとめました!

  • これからまとまった元本で投資を始めたい方
  • 手元の資産の運用法で迷っている初心者の方

投資額の大小に関わらず、役に立つこと間違いなしの記事ですので是非皆様の資産運用の勉強にご活用下さい!

RELATED POST