おすすめ資産運用方法

まとまったお金の正しい運用方法とは?リスク別5選

あなたに合うのは?まとまったお金の最適な運用商品

日本では長く続く低金利政策の影響で、銀行は預金者からお金を預かるだけでは利益になりません。よって、口座を長らく稼働させていない預金者に対して、手数料を設ける案が各行で挙がっています。

よって、まとまったお金を放置してしまっている人は、何かしらの金融商品に換えるなどの工夫が必要であると言えます。

とは言えせっかくのお金が減ってしまうのは怖いですし、なかなか運用に踏み出せないのも事実です。

旦那氏
旦那氏
運用しなきゃとは思うけど、まとまったお金だしなんだか怖いよね。
主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
そうね、まとまったお金こそ慎重に運用方法を選択すべきと言えるわ!

ここではまとまったお金の運用する際のポイントと、おすすめの運用方法をリスクが低い順にご紹介致します。

  • まとまったお金は分散投資で安全性を高めて運用すべし
  • 自分でまとまったお金を管理するのが難しければプロに預ける方法も◎

なんとなく大きな金額は、預金で安全に置いておきたいと考える人が多いと思います。しかし、まとまったお金こそ、運用してほしい理由があるのです。

まとまったお金の運用が、少額運用よりもメリットを受けやすい理由についてご説明差し上げます。

まとまったお金ほど新たなお金を生み出しやすい

元手の資金が異なれば、同じ利回りでも得られる金額が異なります。

同じ利回りでもまとまった資金の運用がより効果的である

元手の資金と利回りの違い

例えば1000万円を10%の利回りで運用すると、受け取れる金額は100万円です。
100万円の場合は同じ10%であっても10万円の利益しか得られないのですね。

同じ利回りであれば、元手の資金が大きければ大きいほど運用効果が高くなると言えます。

まとまったお金なら運用方法の幅が広がる

少額の運用ではできなかった方法も、まとまったお金であれば可能になることが多いです。

例えば運用の代表的商品である株式も通常100株単位での売買となりますから、株価が10,000円を超えるものであれば、必然的に最低投資額は100万円を超えます。

まとまったお金を持っている人なら、最低投資額をクリアできることや、複数の商品を保有することが出来るので、少額しか投資できない人よりも選択肢がぐんと広がります。

また、最低投資額が高いものほど運用利回りが高い傾向にあり、少額投資よりも有利に運用できる可能性が高いです。

まとまったお金を運用する際のポイント

まとまったお金だからこそ注意すべき点があります。

分散投資

分散投資の反対は集中投資と言いますが、まとまったお金を安全に運用させたい場合、この集中投資は避けるべきです。

たとえば1000万円程度のまとまったお金を運用に回すとします。そのうちの殆どをとある株式にすると、どういったことが想定できるでしょうか。

  1. 株価が上がって1000万円以上になる
  2. 株価が下がって1000万円から価値が減少する
  3. 銘柄が上場廃止になって1000万円を失う

1番のように株価が上がって価値が上がるかもしれませんが、2・3のように価値の減少もしくは紙切れになる可能性もあるということですね。

減少だけならまだ挽回の可能性はありますが、ゼロになってしまった場合取り返しのつかないことになります。これを避けるために分散投資を行うのですね。

株だけ、日本国内のものだけと限定せず、株を入れたら債券や金も、日本のものだけでなくアメリカなど海外資産も複数持ったほうが、どこかがダメになったとしてもカバーし合えると言えます。

どれくらいの変動幅なら耐えられるかを知る(リスク許容度)

人の性格や、運用資金以外の資産量によってどれほどのリスクを取れるかが異なります。

運用商品を決める前に、どのくらいの変動幅であれば耐えられるか?という点をあらかじめ知っておく必要があります。

滋賀銀行投資信託の基礎知識

(引用:滋賀銀行

上記の図は、投資信託のテーマ別にリスク・リターンの関係を表した図ですが、

では、まとまったお金の運用におすすめな商品を リスクの低い順に発表してまいります。

1、定期預金

メガバンクをはじめ、多くの銀行定期預金金利は0.01%となっていますが、一部ネット銀行などでは比較的高金利でお金を預けることができます。

メリット銀行が潰れても元本1000万円までとその利息は保護される(預金保険制度)
デメリット利回りが低い、満期前に解約すると利息の利率が下がる

利回りが低く、あまり運用効果がないと言われる定期預金ですが、ネット銀行のような店舗を構えていない銀行では比較的高い金利でお金を預けることができます。
現在国内の銀行で一番高金利の定期預金を受け付けている銀行をご紹介致します。

オリックス銀行 eダイレクト預金

オリックス銀行は店舗を持ちませんが、預金金利の高さから人気を集めている銀行です。

2019年12月16日時点での預金金利を見てみましょう。

オリックス銀行eダイレクト預金

(引用:オリックス銀行

1000万円以上の大口であってもオリックス銀行ほど高い金利を設定している銀行は見つかりません。金額と預け入れ予定期間が合えば、検討してみましょう。

1000万円までは預金保護制度の対象となりますので、もし銀行が潰れてしまったとしても安心ですね。

もう一つ、元本損失のリスクが比較的低いものもご紹介致します。

2、国内債券

まずは国の保証付きで安心の個人向け国債からご説明致します。

個人向け国債

毎月発行される個人向け国債も、預金の次に安全な資産です。

メリット 国が破綻しない限り、満期時に元本は戻ってくる
デメリット 利回りが低い、中途換金すると直前2回分の金利分は受け取れない。(2回分の金利が差し引かれた金額が戻ってくる)
財務省個人向け国債

(引用:財務省

個人向け国債には変動10、固定5、固定3の3つありますが、現在どれも金利は0.05%となっています。

変動10に関しては、今後金利が変わる可能性がありますが、変わったとしても金利は上がるのみで0.05%を下回ることはないので10年ほど置いておけるまとまったお金があれば、変動10を選ぶようにしましょう。

キャンペーンで比較

個人向け国債の利率は決して高いものとは言えませんが、買付金額と種類に応じて現金プレゼントのキャンペーンを実施している証券会社があります。

個人向け国債の利率が下がってからは、まとまったお金であっても以前のような魅力的な現金額をもらえることは少なくなりましたが、少しでもお得に購入できれば良いですよね。

2020年1月及び2月募集分の変動10の各社比較表をご用意いたしましたので、ぜひ参考になさって下さい。
※固定5はキャンペーン金額が低くなったり、固定3ではキャンペーン自体を実施しないことがほとんどです。

購入金額(単位:万円)野村・大和みずほ
1~99なしなし
100~1992,000円2,000円
200~2994,000円4,000円
300~3996,000円6,000円
400~4998,000円8,000円
500~59915,000円15,000円
600~69918,000円18,000円
700~79921,000円22,000円
800~89924,000円26,000円
900~99927,000円30,000円
1000~109940,000円40,000円
以降100万円ごとに4,000円4,000円

まとまったお金であれば、各社現金プレゼントの金額に差が出てくるので、金額に応じて証券会社を選べると良いでしょう。
キャンペーンを実施する金融機関もだんだん少なくなっているので、買付け前に最新の情報を取得するようにして下さい。

地方債

国が発行する債券は国債でしたね。地方債は都道府県や地方公共団体が発行する債券のことを指します。

メリット安全性が高い
デメリットリターンが低い

国債には劣りますが、地方債も安全度が高くおすすめです。

都道府県や市町村で必要な施設の建設事業などに活かされ、その時時によって満期までの期間や最小購入額、金利などが異なります。

国債と異なるのは、中途換金した場合の額面が時価となることでしょうか。満期を待たずに中途換金すると、損失が発生する可能性があるので注意が必要です。

有名なところだと、横浜市が発行する横浜市債等が挙げられます。(5年債から5年刻みで30年債まで)

地方を応援するような意味で保有する方もいらっしゃいます。

社債

社債は名前の通り企業が発行する債券です。

メリット(国債や地方債に比べて)金利が高い傾向にある
デメリット(国債や地方債に比べて)安全度が下がる

企業は事業をより大きくするために設備投資等を行いますが、債券発行を通してまとまったお金を集めることがあります。

国や都道府県などに比べると企業の破綻リスクは高くなるものの、世界的に有名な企業が発行する社債であれば安全性も高く、国債などと比較して金利は高いので人気があります。

積極的に社債の発行を行っていることで有名なのがソフトバンクグループです。

2019年9月にも社債を発行し、利率は年間1.38%とかなりの好条件でした。
まとまったお金の預け先として、ソフトバンクのような大きくてグローバルな企業を選ぶのもおすすめです。

社債は時期や金融機関によって取り扱い商品が異なるので、一度ホームページ等で確認してみるとよいでしょう。

4、外国債券

海外で発行された債券は、国内債券に比べて金利が高いことが多く、さらに海外通貨の価値が上がれば(円安になれば)額面以上の利益を得られる可能性があります。
しかし国内債の場合は円建てで為替リスクはありませんが、外国通貨建ての商品だと、外貨に替えた時の為替より、円に戻した時の為替が円高になると損失となります。
高利回り商品が多いものの、為替リスクがある点には注意が必要です。

メリット比較的高い金利が得られる
デメリット為替リスクを負うことになる

まとまった資金を外国債券にする際には、どういったものを選ぶべきでしょうか。実際に募集されている外国債券の例を使って解説致します。

発行体、発行通貨は要チェック

野村證券TMCC米ドル建て社債案内

※現在は募集終了

まとまった資金であることを考えると、発行体の安全性や、発行通貨の安定性が重要になってきます。

上記の債券の発行体は、トヨタ モーター クレジット コーポレーションで、トヨタ自動車が間接的に株式の100%を保有する金融サービス会社です。主にアメリカにおけるトヨタ・レクサスの販売に関する事業や、車購入のための消費者向けローン等を担当しています。トヨタが潰れてしまうとこの会社が潰れてしまう可能性も高まりますが、世界有数の自動車メーカーであるトヨタが潰れてしまうことはなかなか考えられませんよね。

大企業であれば絶対に安全というわけではありませんが、知名度の低い企業よりは安全性が高いと言えるでしょう。

そして通貨は基軸通貨である米ドルですから、値動きは安定していると言えるでしょう。

米ドルのようにメジャーな通貨は他にも使い道が多いため、万が一満期時に為替が円高になっていたとしても、その米ドルを使って別の商品を買ったり、米ドルのまま保有するなどして、円転換しなければ為替変動による損失を実質的に避けることができます。
メジャーな通貨は為替が円安になったタイミングで円転換するというような臨機応変な方法を取れるので、おすすめです。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
新興国などのマイナー通貨は、満期時に強制円転換となることもあるので注意が必要よ!

まとまったお金を債券にする場合は、利率や満期までの期間だけでなく、発行体の安全性や通貨も確認しておくようにしましょう。

5、投資信託

投資信託もまとまったお金の運用先としておすすめの1つです。

メリットプロに任せられる
デメリット手数料が高い場合がある

国内外の株式や債券がパックになった投資信託は、販売数も多くどれを選んだらよいか迷ってしまいますよね。選ぶ際のポイントを解説致します。

安全性が高い=日本や先進国がメインのもの・債券の割合が高い投資信託

日本のものであれば為替を気にしなくて良いため、価値が下がってしまうというリスクを抑えることができます。日本の次に安全性が高いのがアメリカ等の先進国の投資対象です。

投資対象の割合の多くに新興国のものを含むと、大きな値上がりを期待することもできますが反対に下がった時のマイナス幅もかなり大きなものとなる可能性があります。

安全性の高さを重要視するのであれば国内や先進国のものを多く組入れた投資信託がおすすめです。

また、債券の割合が高くなればなるほど値動きも限定的になります。債券は満期時に額面が100%で戻ってくるという性質上、株式よりも安全性が高いです。

よって債券の割合が高い投資信託は、ローリスクであると呼ばれます。

手数料もしっかり確認

どのような投資信託を選ぶかはお好みですが、手数料はなるべく安いものを選ぶようにしましょう。
日経225やアメリカのS&P500等の指標に連動するように作られた投資信託をインデックスファンドよ呼びますが、このような投資信託はファンドの管理に手間がかからないので手数料が安く設定されている傾向にあります。

反対に手間のかかるアクティブファンドは手数料が割高となる反面、指標以上のリターンを得られる可能性も高いです。
しかし、手数料を含めてリターンを計算すると、アクティブファンドで投資元本よりも利益を出せている投資信託は少ないと言われています。

例えば1000万円等のまとまった資金を購入時手数料が3%の投資信託にすると、購入するだけで30万円のマイナスですから、注意が必要です。

おすすめの投資信託

まとまった資金におすすめの安全性が高い投資信託で、なおかつ手数料の負担があまりないものをご紹介致します。

eMAXIS 最適化バランスシリーズ

国内外の株式や債券、REIT(不動産)等を組み合わせたバランス型の投資信託の中でも、手数料が安く最近人気のeMAXISシリーズ。

リスクの低い順に

  • マイゴールキーパー
  • マイディフェンダー
  • マイミッドフィルダー
  • マイフォワード
  • マイストライカー

と、サッカーのポジションになぞらえてわかりやすいタイトルになっています。

国内もの・債券多めの安全タイプならよりゴールキーパーかそれに近いものを、リスクを取って積極的にリターンを狙いたい場合はストライカーかフォワードあたりを選択すると良いでしょう。

モーニングスターeMAXIS最適化シリーズマイミッドフィルダー

(引用:モーニングスター

様々な投資対象を組み合わせているので、お互いの資産をカバーしあえるため、まとまったお金であってもあまり神経質にならず選べると思います。

投資信託も半分プロにおまかせという形をとることができますが、まとまったお金だからこそ徹底的にプロに運用をお願いしたいという人もいるのではないでしょうか。
最後に、プロに完全おまかせタイプのまとまったお金の運用方法をご紹介致します。

6、ヘッジファンド

日本ではまだそこまで知名度があるわけではありませんが、まとまったお金の運用先として最近ジワジワと広まってきているのがヘッジファンドへの投資です。

メリットプロに完全におまかせできる
デメリット 手数料が高い、情報が少ない

ヘッジファンドも、投資信託と同じように様々なテーマで構成されますが、投資信託では扱えないような商品などを組み入れることもでき、より効果的な運用が期待されます。

ヘッジファンドの特徴

どのような点が投資信託と異なるのか箇条書きで簡単にご説明致します。

  1. 最低投資額が1000万円程度と高額である
  2. 投資信託では取り扱い不可の商品も組入れ可能(投資信託は金融庁の規制が厳しい)
  3. 手数料体系は成功報酬制を取っていることが多い
  4. 様々な投資手法で臨機応変かつダイナミックな運用

ヘッジファンドが大々的な宣伝を行っているのを見たことがある人はいないのではないでしょうか。ヘッジファンドは通常みなさんがよく金融機関で目にする投資信託とは違い、証券会社や銀行での取り扱いはほとんどありません。

投資信託のように不特定多数の人から出資を受けられますが、大勢の人が保有すると金融庁などの機関は規制を厳しくして、ヘッジファンドの手腕を狭めてしまうことが想定されます。

よって出資者1人ひとりの投資額を高くして、少数でも十分な運用ができるようなシステムを取っているのですね。

また、通常の投資信託では成績の良し悪しに限らず信託報酬という手数料がかかりますが、多くのヘッジファンドでは、リターンが出た場合にのみ手数料がかかる成功報酬制という手数料体系を採用しています。

1000万円預けて1年後に1100万円になっていたとしたら、利益100万円のうち数十%が成功報酬手数料として差し引かれます。
この制度を採用しているからには、成功報酬を得られなければヘッジファンド側は損ですよね。よって、あらゆる投資手法や知恵を駆使してヘッジファンドは貪欲にリターンを狙いに行きます。

まとまったお金だからこそ、自分でリスクを取って運用するよりも、投資・運用のプロにおまかせしたいというケースもあると思います。

ヘッジファンドについてもっと詳しく解説している記事がありますのでぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとまったお金を運用するにあたっては、

  • 商品の安全性(発行体・通貨含む)
  • 手数料

を十分に理解し、ご自身のリスク許容度に合うものを選ぶことが大切です。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
自分で運用するのは不安という方はヘッジファンドに預けるという手もありますね

最初は運用が楽しくても、管理すべき銘柄が増えるとどうしても面倒になってしまいがちです。まとまった額の資産の放置はなるべく避けたいですから、時間のない方や面倒くさがり屋さんは、はじめからバランス型の投資信託やヘッジファンドに投資した方が良いでしょう。

ABOUT ME
はる
某大学の経済学部を卒業後、新卒で某大手証券会社へ就職。運動部さながらの日々をなんとか耐え抜き、結婚を機に退職。かわいい双子の子育て(証券より大変なんですケド・・)をしながら主婦投資ブロガー/ライターとして幅広く活動しています。お金に無関心な旦那に、投資の心得を叩き込み中。FP2級/一種外務員資格保有。
初心者のための利回り別!おすすめ資産運用ランキング2020完全版

2020年版ランキング
元証券ウーマンならではの目線で、1000万円クラスのボリュームのあるお金の初心者向け運用方法を実体験を踏まえてランキング形式でまとめました。これから、まとまった資産の運用をお考えの方は必見のコンテンツです。まとまった資産の運用も、方法を選べば失敗のリスクを抑えて上手に運用していけますよ。

ランキングを見る