ヘッジファンド

GFマネジメント合同会社はどんなヘッジファンド?評判や特徴・メリットデメリットを解説

「GFマネジメントはどんなヘッジファンド?」
「投資戦略や運用実績を知りたい」

GFマネジメントは年利平均29%というハイパフォーマンスなヘッジファンドです。

しかし2023年に設立されたばかりの新興ヘッジファンドということもあり、ネット上にはあまり情報がありません。

そこで本記事ではGFマネジメントの会社概要やヘッジファンドとしての特徴、どのような人におすすめかを解説。

GFマネジメントへの投資で悩んでいる人は検討材料にしてください。

\まずは無料の資料請求から/

BMキャピタル

GFマネジメント合同会社の概要

GFマネジメント合同会社の概要や代表者の情報、そしてGFマネジメントの運用方法などについて詳しく解説していきます。

会社概要

GFマネジメント(引用:GFマネジメント)

GFマネジメント合同会社の概要は以下のとおりです。

法人名 GF Management合同会社
所在地 東京都千代田区麹町4丁目5-20
代表者 田尻 光太朗
事業内容 有価証券の保有運用及び投資
各種事業への投資
有価証券の自己募集
M&Aに関する仲介、斡旋及びアドバイザリー業務
経営に関するアドバイザリー業務
前各号に附帯又は関連する一切の事業
設立年月 2023年3月20日
TEL 03-6867-1630

GFマネジメントは設立が2023年3月と比較的新しい会社です。

代表者の田尻光太朗氏は腕利きの営業マンとして知られていますが、ファンドマネージャーは別の人が努めています。

法人形態が合同会社である理由は、GFマネジメントが「合同会社スキーム」という方法で運用を行っているためです。

合同会社というと株式会社よりも規模が小さく怪しいというイメージを持っている方も多いですが、しっかりとした理由があって合同会社を組織しているため安心してください。

なお、GFという社名は、あらゆるシーンにおいて人間誰しもが抱える飽くなき”欲望”と際限のない”恐怖”に立ち向かい、弊社に関わる全てのステークホルダーの皆様の挑戦と成功に向け、共に一心精進するという意味が込められているとのことです。

GFマネジメントが合同会社である理由や、代表者・ファンドマネージャーの経歴などについて以下、詳しく解説していきます。

GFマネジメント
公式サイトはこちら

なぜ「合同会社」なのか

GFマネジメントは合同会社という法人形態です。

GFマネジメントと同じように個人が出資できるヘッジファンドとして有名なBMキャピタルも合同会社を組織してヘッジファンドを運用しています。

これは「合同会社スキーム」という手法を採用して運営しているためです。

合同会社スキームとは、合同会社が自社の社員権を販売する形にして投資家から出資を募り、会社が自分のお金を運用して利益獲得を目指すという仕組みです。

ファンドを作って投資家からお金を集めるためには金融商品取引業の登録が必要になります。

しかし合同会社が社員権を販売して、自社のお金を運用するという形であれば金融商品の登録は必要ありません。

これだけ聞くと「怪しい」などと感じる人も多いようですが、海外のヘッジファンドでは合同会社スキームを使用することは珍しくなく、タイガーグローバルマネジメント合同会社、合同会社M&Aなどの大手ヘッジファンドも合同会社となっています。

なお、募集人数が500人以上になると金融商品取引業の登録が必要になるため、募集人数499人を限度として投資家を集めるのが一般的です。

募集人数が限度に達したら、新たな合同会社を設立して社員を募集するという仕組みで運用を行っていきます。

代表とファンドマネージャーの経歴

GFマネジメントの代表である田尻光太朗氏は国内大手エレクトロニクス企業に勤務し大型家電量販店向け営業部門に所属していた経歴を持ちます。

そこで営業企画・提案において本社賞を2度受賞したことがある営業マンです。

投資のプロではないので、GFマネジメントのファンドマネージャーではありません。

田尻氏はGFマネジメントのファンドマネージャーと以前から交流があり、2023年にファンドマネージャーを引き入れてGFマネジメントを設立しました。

GFマネジメントで運用をおこなうには面談が必要になりますが、この面談では田尻氏が担当することが多いようです。

また、ファンドマネージャーの経歴は以下のようになっています。

世界でもランキング上位に位置する英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で修士号取得し、UBS証券の投資銀行部門を経て、モルガン・スタンレー証券の投資銀行本部に入社。テクノロジー、ヘルスケア領域を中心に日米・日欧のクロスボーダーM&A案件を担当。
その後は運用業に軸足を移すため、シンガポールへ拠点を移し、現地のファミリーオフィスにて株式を主軸としたポートフォリオ・マネージャーを担当。2018年に独立し、外部資金を調達し、日本株と米株の運用を開始。日本法人の代表である田尻からヘッドハンティングされ、投資会社GF Management合同会社のポートフォリオマネージャーに選任される。
引用:https://m-ryu.com/gfm/#GF-2

GFマネジメントのファンドマネージャーはモルガン・スタンレー証券において世界的に今後成長が期待されるテクノロジー、ヘルスケア領域で活躍しています。

専門的な分析力がないと投資するのが難しい分野でもあるため、GFマネジメントは成長分野において専門的な投資をおこなっていると推察されます。

実際にGFマネジメントのポートフォリオもテクノロジーやヘルスケア部門が多くなっています。

他社では投資しにくい、専門的な分野をそのプロであるファンドマネージャーがおこなうことによって高い収益を目指せるのが大きな特徴だと言えるでしょう。

平均年利29%、5年で277%の運用実績

GFマネジメントは平均年利29%、5年で277%という驚異的な運用実績を誇っています。

GFマネジメントの運用来リターン

GFマネジメント独自の投資戦略であるJ-primeによって、市場規模がグローバルで成長性が高い日本株を投資対象としています。

通常の投資信託などでは得られないような高利回りを実現できているのがJ-prime戦略です。

J-prime戦略では、過去5年で2回、年間のマイナスリターンを出していますが、その他の3年間はマイナスを覆す大きなプラスを出しています。

短期的に見ればマイナスになる年もありますが、長期間継続的に運用することによって資産を増やすことができる点がGFマネジメントの大きな魅力です。

短期的な利益ではなく、5年〜10年スパンで資産を増やしたい方にGFマネジメントはおすすめです。

GFマネジメント
公式サイトはこちら

GFマネジメントの投資戦略「J-prime戦略」の特徴

GFマネジメントが採用している投資戦略であるJ-primeには以下の3つの特徴があります。

  • 競合優位性を持つ企業に投資
  • バリエーションの割安感
  • 投資対象は円安進行のため海外投資家にとって値頃

競争力があり、割安な企業へ投資することによって、市場全体の成長よりも高い運用成果を目指すことが可能です。

J-prime戦略の3つの特徴を詳しく解説していきます。

競合優位性を持つ企業に投資

J-prime戦略では競合優位性を持つ企業を抽出して投資をおこないます。

日本には半導体、製薬、機械、精密機器など、市場規模がグローバルに広がり今後の成長性も見込める産業分野で世界的なリーダーシップを発揮している企業が実は多く存在しています。これらの企業はアメリカの「GAFA」のような目立った存在ではないかもしれませんが、各分野のサプライチェーンで欠かせない存在であり、高い技術力に伴う収益性を誇っています。
引用:GFマネジメント公式サイト

日本国内の高い技術力と国際的な競争力を持つ企業を抽出しています。

このような企業は将来的に大きな成長が期待できるので、長期投資によって大きな収益を生み出すことが期待できます。

下の図はポートフォリオの一部を紹介したものです。

GFマネジメントの投資情報

バリュエーションの割安感

こちらは日本株は全体として割安になっているという考えです。

会社の時価総額が実際生み出す利益の何年分かを測る「PER」で銘柄の値頃感を比べてみると、米国の上場企業500社で構成された「S&P500」の平均PERは22倍に対して、日経平均のPERは15倍程度にとどまっており、比較的割安な株価で取引されていることがわかります。
引用:GFマネジメント公式サイト

日本株のPERは米国株と比較して低いため割安だと判断できます。日本株が正当に評価されればまだ株価には上昇の余地があるということですので、今後はさらなる収益獲得が期待できるでしょう。

投資対象は円安進行のため海外投資家にとって値頃

昨今の円安は海外投資家にとって日本株の割安感を後押ししており、さらに海外投資家による投資拡大が期待できるという考えです。

円安の進行により、欧米の機関投資家から見た日本企業は、ドル建てベースで2年前に比べて30〜40%近く割安になっています。これも、海外マネーの投資意欲を後押ししています。

日経平均には高い成長性と収益性を有する優良な企業がある一方で、以前に比べて業績が停滞し、今後も大きな成長が見込めない企業も多く存在します。

日経平均への投資はこのように優秀な企業と成長が見込めない企業を併せて無差別に分散投資することになります。これは決して資金効率が良い投資手法とは言えません。

一方で、当戦略は日本企業の中でもとりわけ競争優位性が高い優秀なビジネスモデルを有し、持続的な事業の成長とキャッシュ・フロー創出能力に長けた企業へ厳選して投資をしています。
引用:GFマネジメント公式サイト

海外投資家からの投資拡大が期待できる日本市場ですが、J-prime戦略によって持続可能な成長が期待できる企業のみを抽出して投資することで、企業そのものの成長と海外投資家からの市場全体の後押しの双方の利益を享受して、大きな収益獲得が期待できるでしょう。

今後さらなる成長が期待できる日本市場の中でも、成長が期待できる銘柄を厳選して大きな利益獲得を目指すのがJ-prime戦略であり、実際にこの方法で過去5年間で270%を超える運用実績を達成しました。

GFマネジメントはどんな人におすすめのヘッジファンド?

GFマネジメントは確かに過去5年で270%以上という大きな利益を獲得した実績がありますが、どのような人にもおすすめできるわけではありません。

長期間資金を預けた上で投資を行うので、以下のような人に対してのみおすすめできます。

こんな人にGFマネジメントはおすすめ
  • 1000万円以上の投資資金がある人
  • 中長期で資産運用したい人
  • ローリスクハイリターンを求める人
  • 運用情報をこまめに報告してほしい人

一定以上の資金を長期運用できる人にはGFマネジメントはおすすめです。

GFマネジメントでの運用が向いている人の4つの特徴について詳しく解説していきます。

1000万円以上の投資資金がある

GFマネジメントは1,000万円以上ないと運用できません。

GFマネジメントは1口100万円で10口からが最低投資単位です。

通常ヘッジファンドでは最低投資額が1000万円以上になることが多いため、GFマネジメントは一般投資家が出資しやすいヘッジファンドと言えます。

退職金や相続金などまとまった資金があるのであれば、GFマネジメントはおすすめです。

中長期で資産運用したい人

GFマネジメントは5年間で270%を超える運用実績がありますが、5年間のうち2回は年間リターンでマイナスとなっています。

つまり、1年以下の短期間で運用すると、タイミングによっては運用実績がマイナスになってしまうこともあります。

そのため、GFマネジメントは長期投資で運用するのがよいでしょう。

5年〜10年スパンで運用するのがおすすめですので、長期間使用する予定のないお金を保有している方にはおすすめです。

ローリスクハイリターンを求める人

GFマネジメントは高いリターンを誇りますが、リスクヘッジ戦略も非常に緻密になっています。

そのため、できる限りリスクを抑えて運用したい人におすすめです。

GFマネジメントのリスクヘッジ戦略には以下のようなものがあります。

銘柄・セクター・相関性の分散 ・1銘柄の配分を全体の10%以下に制限
・異なるセクターや業種に分散し、個別株式やセクターがポートフォリオ全体に与えるリスクを軽減
・ポートフォリオと市場指数の相関性を過去データで分析し、相関係数を抑えたポートフォリオを構築
緻密な企業財務分析 ・株価が一時的に好調だがファンダメンタルズが伴わないと判断した「テーマ株」は投資候補から除外
・企業の成長性、収益性、財務の健全性、キャッシュフロー創出能力を四半期ベースで点検
・競争力、経営の質と投資実績を分析し、中長期的な株価成長が見込めない銘柄を特定し排除
リスク調整リターン分析 ・過去データの株価指標を考慮して、各銘柄のリスク指数に相対した市場との連動性と株価成長率を評価
→リスクとリターンのバランスがより有利な銘柄を選択
・同じ要領で、ボラティリティ水準に見合わないリターン実績を持つ銘柄への露出を軽減
ヘッジ戦略 ・過去のポートフォリオ全体の最大下落率に合わせたストップロス注文を実施し、潜在的な損失を制限
・ストップロスは各銘柄のボラティリティ水準に合わせて平均購入単価に対してマイナス20%〜40%で設定
・ポートフォリオを広範な市場の下落から保護するために、市場指数に対するプットオプションの購入や、先物のショート戦略を検討
規律あるリバランシング ・保有銘柄を継続的に評価し、市況の変化や企業の特定の動向などを基にアロケーション調整を実行
・ポートフォリオのリスクを期初の設定から逸脱した状況にしないため、最大6ヶ月に一度は時価でウェイトが変更した銘柄のリバランスを実行

引用:GFマネジメント公式サイト

リスクマネジメントはかなり細かくおこなっており、例えば1銘柄あたりの投資比率を10%以下としたり、キャッシュフロー創出能力を四半期ベースで点検したりするなどして、リスクを最小限に抑えています。

もちろん、日本株という価格変動の大きな金融商品に投資する以上、一定のリスクはありますが、その中においても細かなリスクマネジメントによってリスクを軽減しているため、できる限りリスクを抑えて高いリターンを狙いたい方におすすめです。

運用情報をこまめに報告してほしい人

GFマネジメントは月1回運用レポートを出資者に対して発行しています。

個人向けのヘッジファンドの中には、運用レポートの発行頻度は四半期に1回というところも多いので、GFマネジメントはこまめに運用状況を報告しているヘッジファンドだと言えるでしょう。

運用レポートの内容も分かりやすくなっており、今どのような銘柄をどの程度の割合で運用しているかポートフォリオの中身と運用実績が分かりやすく記載されています。

名前を聞いたことがないヘッジファンドへ投資することに不安を感じる人も多いですが、GFマネジメントは細かく運用実績を報告してくれるため安心して運用を任せられるでしょう。

GFマネジメントに出資する前の注意点

GFマネジメントへ出資する際には以下の4点に注意してください。

GFマネジメント出資前の注意点
  • 最低投資額は1000万円
  • 元本保証ではない
  • 解約できるのは毎年11月のみ
  • 各種手数料がかかる

投資金額や解約できるタイミングには一定の制限がありますし、手数料等にも注意が必要です。

GFマネジメントで運用する前に必ず理解しておきたい4つの注意点について詳しく見ていきましょう。

最低投資額は1000万円

GFマネジメントは最低投資額が1,000万円(100万円×10口)と決められています。

長期間預けっぱなしにできる余裕資金が1,000万円以上ある人にGFマネジメントはおすすめできます。

退職金や相続預金など、高額かつすぐに利用する予定のないお金が入ったタイミングで運用を検討しましょう。

使用する予定のあるお金は運用しないよう注意してください。

元本保証ではない

GFマネジメントはリスク商品です。

元本保証ではないので、場合によっては投資したお金がマイナスになることがあります。

実際に2018年の運用実績は-14%でしたので、その1年間だけで見ると1,000万円預けた場合には約180万円ものマイナスが生じていたことになります。

そのため絶対に失うことができないお金をGFマネジメント投資をすることはやめましょう。

またGFマネジメントは複数の日本株へ分散投資を行います。

投資している全ての企業が倒産することはほぼあり得ませんし、GFマネジメントはかなり精緻にリスクヘッジを実施しているため、リスクも最小限に抑えられています

他のヘッジファンドのように「投資したお金が紙くずになる」ということはありませんが、投資元本を下回って損失を出してしまうリスクがある点は理解した上で投資をおこなってください。

解約できるのは毎年11月のみ

GFマネジメントを解約するには11月に申し出なければならないと決められています。

株式や投資信託のようにいつでも解約して換金できるわけではありません。

GFマネジメントはポートフォリオを守り、安定した運用を行うために解約には一定の制限をかけています。

いつでも投資家が解約できるのであれば、預かっている資産の残高が不安定になり、安定した運用ができないためです。

なお、GFマネジメントを解約できるのは12月末で、12月に解約するためには11月末までに申し出る必要があります。

そして、解約後にお金の払い出しを受けるまでには最長3ヶ月程度の時間がかかるので、11月に解約を申し出ても3月くらいまではお金を受け取れないと理解しておきましょう。

この点でも、使う予定のあるお金をGFマネジメントへ預けるべきではありません。

各種手数料がかかる

GFマネジメントは出資の際や解約の際にさまざま手数料が発生します。

振込手数料 お金を振り込む際に銀行へ支払う手数料
社員権発行手数料 出資金額の3%
年間管理手数 出資金額の2%(毎年1月に発生)
中途解約手数料 持分価格(出資金+利益)の10%
成功報酬 ファンドマネージャーへの成功報酬

中途解約をおこなうと、持分の10%もの金額が手数料として発生してしまうため注意しましょう。

また、GFマネジメントは利益が生じた金額全額が投資家のものになるわけではありません。

利益の最低70%が出資者に配当として還元され、出資金1000万円以上は利益の80%、出資金5000万円以上は90%が配当となります。

つまり利益の10%〜30%が運営側の成功報酬となるのでこの点も頭に入れておきましょう。

GFマネジメントに関してよくある質問

GFマネジメントに関してよくある質問をご紹介していきます。

GFマネジメントはポンジスキーム?

ポンジスキームとは、高利回りを謳って投資家から資金を集め、実際には運用せずに、新たに集めた資金で配当を行い、信用を得て、さらに新たな資金を集め、お金を騙し取る手口です。

アメリカの天才詐欺師と言われたチャールズ・ポンジが由来となっています。

GFマネジメントは解約にも応じており、実際に投資家に対して投資元本+利益を還元しているためポンジスキームではありません。

運用成果によって元本を損失する可能性はありますが、ポンジスキームのように最初からお金を騙し取る目的で資金を集めているわけではないので安心です。

GFマネジメントはいくらから購入できる?

GFマネジメントの最低投資額は1,000万円です。

長期間運用できる余裕資金が1,000万円以上ある場合のみ投資を検討しましょう。

GFマネジメントは投資状況を教えてくれる?

GFマネジメントは月1回運用レポートを出資者に対して発行しています。

内容も分かりやすくなっているため、投資初心者の方も自分の資産がどのように運用されているか確認できます。

GFマネジメントの評判は良い?

あまり名前を知られていないヘッジファンドですので、インターネット上には口コミがほとんど存在しないのが実情です。

しかし詐欺や返金拒否などがあれば、ネット上に書き込まれる可能性が高いはずですが、そのような口コミは存在しません。

むしろ実際に投資をした方の評判に悪いものはないので、全体的には評判はよいと言えるでしょう。

まとめ:まずはGFマネジメントに面談を申し込もう

GFマネジメントは、5年間で270%超という非常に高い運用実績を出しているヘッジファンドで、合同会社スキームで運用しています。

高い運用実績を誇りながらも、精緻なリスクマネジメントによってリスクを最小化しているため、ローリスクハイリターンの投資が可能です。

ただし、1,000万円以上の余裕資金があり長期間その資金を預けられる人でないと運用できないので注意が必要です。

GFマネジメントで運用するためには面談が必要です。

投資を検討している方は、ホームページの申込フォームからまずは面談の申込をおこないましょう。

GFマネジメント
公式サイトはこちら

日本のおすすめヘッジファンドランキング
【2024年4月】ヘッジファンド日本ランキング一覧!利回りが高いおすすめ会社を解説 この記事でわかること 日本国内おすすめヘッジファンドランキング 特におすすめのヘッジファンド厳選2社 ヘッ...
ABOUT ME
はる
某大学の経済学部を卒業後、新卒で某大手証券会社へ就職。運動部さながらの日々をなんとか耐え抜き、結婚を機に退職。かわいい双子の子育て(証券より大変なんですケド・・)をしながら主婦投資ブロガー/ライターとして幅広く活動しています。お金に無関心な旦那に、投資の心得を叩き込み中。FP2級/一種外務員資格保有。投資の勉強メモファンドレビューもやっていますよ~//両国投資研究会の初期メンバーとしても活躍中!▶プロフィール詳細はこちら

【平均年利10%以上】
資産運用で悩んだらBMキャピタル

BMキャピタル

「投資信託で損をした」
「将来のために資産運用したいけど何をすればいいかわからない」
「実績のあるプロに運用を任せたい」

このような悩みを持っているなら、日本のヘッジファンド「BMキャピタル」がおすすめ。

BMキャピタルの特徴
  • 平均年利10%超を10年以上継続中!
  • 2013年の運用開始からマイナスの年ゼロ
  • 直近6年で資産価値2倍

最低投資額は1000万円(1000万未満相談可)とヘッジファンドの中では比較的出資しやすい金額設定です。

主婦投資ブロガーはる
主婦投資ブロガーはる
資料請求や運用の相談は無料なので、詳しく聞いてからじっくり検討しましょう!

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

RELATED POST