おすすめ資産運用方法

少額不動産投資のおすすめ5選!利回りとメリット/デメリットも紹介

不動産投資への第一歩を踏み出す際、多くの人が最初に抱えるのは資金不足の悩み。

しかし、そんな方々に朗報です。実は少額からチャレンジできる「少額不動産投資」という、初心者でも始めやすい出資形態も出てきているのです。

当記事ではそんな少額不動産投資に分類されるクラウドファンディングや小口化商品などのメリット・デメリット、始め方をご紹介していくとしましょう。

少額で始められるおすすめ不動産投資方法5選

不動産投資は多くの人が憧れる資産形成手段ですが、初めての一歩が踏み出しにくいと感じる方も多いことでしょう。

そこで、この章では少額から始められるおすすめの不動産投資を5つご紹介します。

 

【おすすめの少額不動産投資5選】

  1. 不動産クラウドファンディング
  2. 不動産投資信託・REIT
  3. 不動産小口化商品
  4. 区分マンション投資・ワンルーム投資
  5. ソーシャルレンディング

 

これらの手法はリスクを最小限に抑えつつ、資産を賢く、地道に増やすための大きなメリットを備えているので初心者にもおすすめです。

不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングとは、マンションや特定の物件に対して多数の出資者を募り、複数人の資金で不動産を運用する投資形態。

通常のクラウドファンディングとは違って、リターンは基本的に利回りとしてお金で継続的に還元されます。

クラウドファンディングという形式上個々人の出資額は少なくなりやすく、少額から手軽に不動産投資を始めるための最もおすすめな不動産投資と言えます。

プロジェクトごとに投資金額を決定でき、複数の不動産物件に分散投資することでリスクを抑えられるのも不動産クラウドファンディングのメリットですね。

不動産投資信託・REIT

不動産投資信託(通称REIT)は、複数の不動産プロジェクトに分散投資することができ、なんと一口から参加可能な投資形態

国内外の不動産に投資することもできて、地域リスクすら軽減できる点が魅力です。

また、日本の景気が悪くなったときは海外の不動産へ出資できるという逃げ道があるのもメリットですね。

分散投資によるリスク低減もしやすく手数料も比較的低いため、初心者にもおすすめの手法です。

不動産小口化商品

不動産小口化商品は、不動産物件を複数の投資家で共有し、分割所有する形態です。

不動産小口商品を扱った取引は分割保有という特性上リスク分散しやすいメリットがあり、少額で多様なプロジェクトに投資できるため、手軽に不動産市場への参入が可能です。

ただ、投資家間のコミュニケーションが難しく、プロジェクトの進捗を把握しにくいというデメリットも。

不動産クラウドファンディングや不動産投資信託に比べて自分で投資先を選びやすいので、不動産投資初心者~中級者におすすめです。

区分マンション・ワンルーム投資

区分マンション投資やマンションのワンルーム投資は、物件の中の一室ごとに投資する形態です。

物件管理や入居者募集をプロに任せられるため、手軽に運用できるというメリットがあります。将来的にキャピタルゲインが期待できるメリットも挙げられるでしょう。

一方で、物件価格の変動や、マンションの空室が生じた際のリスクが非常に大きいというデメリットは無視できません。

プロのサポートを受けながら不動産投資に慣れていきたい、という初心者におすすめの不動産投資手法です。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、プラットフォームを通じて個人や法人に資金を融資する形態です。

少額から始めやすく、不動産プロジェクトへの融資も可能でリスクを分散できる特徴があります。

他方、融資先の信用リスクやプラットフォームの運営リスクがあるというデメリットがあるので注意が必要。

自分のリスク許容度に合わせてプロジェクトを選択でき、少額からの資産形成を目指す初心者におすすめです。

少額不動産投資とは?

少額不動産投資とは、その名の通り元手が少なくても始められる不動産投資のこと。

少額不動産投資には不動産クラウドファンディングをはじめとした様々な形態が存在し、それぞれにメリット・デメリットがあります。

そもそも不動産市場は安定しており、需要が高め。さらに元手を少額に抑えることでリスクを最低限にし、最終的には賃貸収入や大きな売却益を見込むことが可能です。

不動産投資のメリットにはいくつかのポイントが挙げられます。まず、銀行預金よりも高い利回りが期待できる点が魅力です。

特に、不動産クラウドファンディングやREITなどの手法では、複数のプロジェクトに分散投資することでリスクヘッジが可能となります。

運用を管理会社に任せることができるため、手軽に始めることができるのも不動産投資の利点です。初心者でもプロの知識や経験を借りながら、不労所得を得ることができます。

一方で、リスク・デメリットもあります。デメリットの一例で言えば「空室」でしょう。物件が借り手を見つけられない期間が続くと、予想よりも収益が得られない可能性があります。

また、失敗時のリスクも考慮が必要です。不動産市況の変動やプロジェクトの進捗によっては、思わぬ損失が生じる可能性があるので念頭に置いておく必要がありますね。

しかし、これらリスクの対処法やデメリットの抑制法もあります。

例えば、プロの運用チームに管理を委託することで空室リスクを対策できたり、不動産クラウドファンディングなどを活用した分散投資でのリスク分散などが初心者でもできるリスクヘッジと言えるでしょう。

不動産投資は、月1万円から始める少額投資としてもおすすめできます。副業や将来の安定収入源を得るためにも、リスク管理を意識した上で不動産投資参入のステップを踏み出しましょう。

少額不動産投資のメリット

少額からの不動産投資には数々のメリットがあり、資産形成の手段として注目を集めています。

【少額不動産投資のメリット5つ】

  1. 銀行預金より利回りが良い
  2. 運用を管理会社に任せられるから楽
  3. 少額だからローンを組まなくていい
  4. リスクが小さい
  5. 不動産初心者でも始められる

これらのメリットがあることで投資を手軽に始めることを可能にし、初心者にも親しみやすくなっています。

銀行預金より利回りが良い

不動産投資は、通常の銀行預金よりも高い利回りが期待できる点が最大のメリットです。

銀行預金ではわずかな金利しか得られませんが、不動産投資は賃貸収入や将来の売却益によって収益を上げることが可能です。

もちろん銀行預金などでは起こらない元本割れリスクなどもありますが、分散投資をすることにでリスクヘッジが可能です。

不動産投資は少額からでも比較的良好なリターンを得ることができるため、元手が少ない投資初心者にもおすすめの手法と言えます。

運用を管理会社に任せられるから楽

2つ目の少額不動産投資のメリットは、運用をプロの管理会社に委託できる点です。

物件の管理や入居者募集、メンテナンスなどの手間を自ら負担する必要がなく、専門家の知識を借りながら手軽に運用できます。

そのため、投資家は効率的かつストレスなく不動産運用を進めることができるのです。

少額だからローンを組まなくていい

3つ目の少額不動産投資のメリットは、多額の資金を集めるため、大きな利益を得るためのローンを組む必要がないこと。

低い投資金額で、かつ融資を受けずに始めることができるため、ローンの返済に伴うリスクを回避できます。

初めからローンを組むのが怖かったり、融資を受けるのが不安な初心者にとっても、比較的取り組みやすくなる良い仕組みですね。

空室時・失敗時のリスクが小さい

リスクが比較的小さい投資であることも、少額不動産投資のメリットと言えます。

以下では、少額不動産投資だからこそ低減できる投資全般や不動産投資特有のリスクをご紹介いたします。

空室時のリスク

一つ目のリスクとして挙げられるのは、物件が長期的に入居者が見つからない「空室時のリスク」です。

不動産投資で頻繁に起こる現象であり、当然入居者がいないと家賃収入は見込めません。

空室が発生すると、元本割れなどにつながるわけです。

しかし、少額不動産投資では分散投資により複数の物件に資金を分散させることで、一時的な空室の影響・そのデメリットを最小限に抑えることができます。

物件全体に少額で投資する不動産クラウドファンディングや、マンションなどの1室に投資するワンルーム投資などが空室リスクに備えられる投資方法です。

失敗時のリスク

もう一つのリスクは「投資失敗時のリスク」で、プロジェクトの進捗や市況変動によって損失が生じる可能性があります。

これは投資するにはつきもの、切り離せないリスクです。

ただこちらに対しても、前項の対策として挙げられていた分散投資をすることである程度ダメージを抑えることができます

加えて、少額不動産投資では運用を管理会社に委託することが多いため、プロの意思決定やリスクヘッジが期待でき、初心者でも比較的安全に投資を進めることができるでしょう。

不動産投資初心者でも始められる

最後に、少額不動産投資は初心者でも始めやすいというメリットがあります。

専門知識がなくてもプロの管理会社に運用を任せることで、手軽に投資をスタートできます。

もしくは、不動産クラウドファンディングのように、すでに投資できる物件がプロの目で選定されているサービスを使うのもいいでしょう。

初めての投資として、リスクを最小限に抑えつつ資産形成を目指あいたい方にとっては理想的な手法と言えますね。

少額不動産投資のデメリット

少額からの不動産投資には数々のメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。

少額不動産投資のデメリット4つ

  1. 少額でも元本割れリスクが伴う
  2. 元手が少額だから大きい利益は狙えない
  3. 途中で利確がしづらく、流動性が低い
  4. 投資先物件が少ない

これらのデメリットを理解し、適切な対策を講じながら投資を進めることが重要です。

少額でも元本割れリスクが伴う

少額不動産投資には、元本割れと呼ばれるリスクが伴います。

これは、投資した元本を回収できない状態が生じる可能性を指すもの。

少額投資ではプロの投資家に資金を預けて運用してもらうものや投資先を選定してもらうことがありますが、それでも多少の投資失敗リスクは避けられません

特に市況の変動やプロジェクトの進捗によって、元本割れのリスクが高まります。

投資初心者はプロの意見だからと言って言われたことや定時内容を鵜呑みにせず、慎重にプロジェクトを選定し、リスクヘッジを心掛ける必要があるでしょう。

元手が少額だから大きな利益は狙えない

少額不動産投資の大きなデメリットとして、元手が少額であるために得られる利益も限定的である点が挙げられます。

大きなリターンを期待するにはそれ相応の資金を投入する、もしくはハイリターンの危険な投資先に投資する必要があります。

少額不動産投資をする以上前者は叶えられず、また後者は同時にハイリスクである可能性が高いためお勧めできません。

少額から始める際はリターンの期待値を現実的に把握し、ゆっくり、着実な資産形成を目指すことが重要です。

途中で利確がしづらい、流動性が低い

少額不動産投資には、途中での利確が難しく流動性が低いというデメリットも。

不動産は売買が比較的煩雑で時間がかかるため、急な資金ニーズに対応することが難しい場合があります。

投資家は将来の資金ニーズを考慮し、投資期間を検討しましょう。少額不動産投資は、年単位の長期的な投資だと認識しておくことが大切です。

投資先物件が少ない

少額不動産投資を行う上での課題・デメリットとして、物件の選択肢が限られるという点が挙げられます。

少額で手軽に始めることができる一方で、投資先物件のバリエーションが少ないため、理想的なプロジェクトに出会いにくいかもしれません。

また、人気の投資先は抽選になることも多く、思ったように資産形成が進まない可能性もあります。

投資家は市場をよく観察し、自身の目的に合ったプロジェクトを見つける工夫が必要です。

月1万円からの少額不動産投資をおすすめできる方

月1万円からの少額不動産投資は、特に以下のような方におすすめです。

少額の不動産投資をおすすめできる方

  1. 副業に興味が出てきた方
  2. 少額から投資を始めていきたい方
  3. 今後低リスクで資産形成をしていきたい方

これらの方々は、少額から始める不動産投資を通じて、将来の資産形成を進めることができるでしょう。

副業に興味が出てきた方

副業に興味がある方は、月1万円からの少額不動産投資がおすすめです。

不動産投資は一度設定すればプロの管理会社に任せることができ、本業との両立が可能です。

月々の投資額も抑えられるため、副業として着実に資産を築いていきたい方に適しています。

少額から投資を始めていきたい方

「資産形成を始めたいけど、大きな一括投資は難しい」と考える方にとって、月1万円からの少額不動産投資はぴったりなのでおすすめです。

低い投資金額から始められ、リスクを最小限に抑えながら資産形成を進めることができます。

着実に資産を築きたい初心者におすすめです。

今後低リスクで資産形成をしていきたい方

少額不動産投資は、来的にリスクを最小限に抑えながら確実に資産を形成していきたい方にもおすすめです。

月1万円の少額から分散投資を始めることで、失敗時のリスクを抑えやすく、不動産市場の変動にも比較的強いポートフォリオを構築できます。

将来の安定収入や老後の資産形成を考える方に適しています。

少額不動産投資の始め方

少額不動産投資を始める際には、以下の手順で進めることがおすすめです。

少額不動産投資を始める4ステップ

  1. 利用するサービス・会社を決める
  2. 問い合わせをする
  3. 売買契約をし、契約を結ぶ
  4. 少額不動産運用開始

これらのステップを踏むことで、スムーズに不動産投資をスタートさせることができるでしょう。

利用するサービス・会社を決める

まず初めに、信頼性の高い不動産投資サービスや管理会社を選定することが重要です。

不動産クラウドファンディング、REIT、不動産小口化商品など、様々なサービスがありますので、自身の投資目的やリスク許容度に合ったものを選びましょう。

口コミや評判、実績を確認することも大切です。

ちなみに、初心者におすすめの不動産投資サービスは、不動産クラウドファンディングの「利回りくん」

広告塔にはあのミルクボーイの二人も起用されているので安心感抜群。

投資先も豊富で、27万人以上の登録者を持つ、今大注目の不動産クラウドファンディングとなっています。

問い合わせをする

続いて、選定したサービスや不動産管理会社に問い合わせ、投資に関する疑問や不明点を解消しましょう。

この段階では営業担当者とのコミュニケーションを通じて、具体的なプランやサポート体制、リスクヘッジ策などについて理解を深めます。

より良い投資判断をするためのファーストステップと言えますね。

売買契約をし、契約を結ぶ

提供された情報を基に、不動産物件に関する売買契約を進めます。

契約書の内容や注意事項を丁寧に確認し、納得のいく条件で契約を結びましょう。

特に、契約解消が可能になる時期を見ておかないと、出金・利確したいタイミングで利益を得られないことも。

専門的な用語や条件についても担当者に確認を行い、契約前に不安や疑問点をすべて消しておきましょう。

少額不動産運用開始

契約が結ばれたら、少額不動産運用を開始します。

これには資金の投入や手続きが含まれますが、管理会社がしっかりサポートしてくれるため初心者でも安心して始められます。

資金を投入したら、その後は基本的に放置。

不動産にかかわる市場状況等を定期的にチェックしながら、おいしい物件がないか、投資先の不動産の状況はどうかを細かくチェックしておきましょう。

まとめ

少額からの不動産投資は、資産形成の手段として注目されています。手法は色々あるものの、特にクラウドファンディング、REIT、不動産小口化商品、区分マンション投資、ソーシャルレンディングがおすすめです。

不動産投資は銀行預金よりも高い利回りが期待できるなど、様々なメリットがありました。多くのメリットが初心者にぴったりの内容であるため、資金の少ない方にもおすすめできる投資手法と言えそうです。

ただし、元本割れのリスクや大きな利益の狙いにくさ、途中での利確難などのデメリットも。

こういったデメリットは分散投資やプロの投資家に助言を求めることで解消していきましょう。

総じて、少額不動産投資は着実な資産形成や将来の安定収入の手段として考えられる良い方法と言えます。リスク・デメリットを理解し、計画的な選択を行うことで不動産投資を成功させましょう。

【FP監修】投資初心者が手元の1000万円を効率的に運用するには?

投資初心者は必見!1000万円運用法まとめ

この度投資初心者が、1000万円クラスのまとまったお金を運用する前に絶対に押さえておきたいポイントを外部の先生のお力も借り1記事にギュッとまとめました!

  • これからまとまった元本で投資を始めたい方
  • 手元の資産の運用法で迷っている初心者の方

投資額の大小に関わらず、役に立つこと間違いなしの記事ですので是非皆様の資産運用の勉強にご活用下さい!

RELATED POST